【小田急の新型ロマンスカーGSEに試乗】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

小田急の新型ロマンスカーGSEに試乗

3月17日デビューの新型ロマンスカーでレアなルートをたどる

 多摩ニュータウンの中心部を京王と並走しつつ進み小田急多摩センター駅へ。多摩都市モノレールの高架橋の下をくぐり、京王線と分かれて、左へゆっくりとカーブしながら唐木田駅へと入っていく。

 唐木田駅のホームに横付けとなるけれど、ここが今回の試乗列車の終点ではない。しばらくするとゆっくりと移動し、駅の先にある唐木田車庫に入りようやく旅を終えた。ホームがないので、航空機のようなタラップといっても簡素なものであるけれど、それを使って地上に降りた。

 さっそく撮影会が始まり、GSEの外観を色々な角度からカメラに収めることができた。昼食休憩もあり、1時間余りたってから車内へ戻り、都心へ戻る。帰路では、後方展望を楽しみながら多摩線全線を展望席で過ごす。

 新百合ヶ丘からは一路新宿を目指すと思いきや、なぜか試乗会の終点は梅ヶ丘駅だった。各駅停車しか停まらない駅なので、どの線路を走るのか興味津々だったが、当たり前のように各駅停車専用の緩行線に入り、各駅のホームをゆっくりと通過しながら梅ヶ丘駅のホームに横付けとなった。数分停車したので、下りホームへ移動してGSEを撮影。新宿駅へ回送されるのを見送って取材を終えた。

試乗会が終わり梅ヶ丘駅に停車中のGSE

 GSEに試乗できたのは嬉しかったけれど、やはり箱根湯本を目指し営業列車に乗りたいと思う。

KEYWORDS:

オススメ記事

野田 隆

のだ たかし

日本旅行作家協会 理事

1952年名古屋生まれ。日本旅行作家協会理事。早稲田大学大学院修了。 蒸気機関車D51を見て育った生まれつきの鉄道ファン。国内はもとよりヨーロッパの鉄道の旅に関する著書多数。著書に『テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門』(ポプラ新書)『にっぽん鉄道100景』『テツはこんな旅をしている~鉄道旅行再発見』(平凡社新書)『定年からの鉄道旅行のススメ』 (洋泉社新書) 『テツ道のすゝめ』(中日新聞社)『愛知県 駅と路線の謎』(洋泉社新書y)など。



ホームページ http://nodatch.travel.coocan.jp/


この著者の記事一覧