知ってそうで案外説明できない「美術用語」【西洋美術 篇】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

知ってそうで案外説明できない「美術用語」【西洋美術 篇】

日本の美術館が10倍楽しくなる話④

「ルネサンス」や「肉筆画」など、聞いたことはあるけれど、実はよくわかっていない……そんな美術用語をわかりやすくご紹介。今回は西洋美術篇。

【祭壇画】(さいだんが)

 カトリック教会や礼拝堂で祭壇の上や背後に飾られる絵画のこと。
 聖書の場面などを絵解きする壁画とは異なり、聖母子と聖人たちを表す礼拝図が描かれる。複数の絵を組み合わせたものが多く、2枚ならディプティック、3枚はトリプティック、4枚以上になるとポリプティックと呼ばれる。左右対称が重視されるのも特徴だ。

ドイツ ケルン大聖堂 祭壇画

【ジャポニスム】(じゃぽにすむ)

 19世紀後半のフランスを中心に広がった美術運動。日本の美術品が、印象派の絵画やアールヌーボーの工芸に大きな影響を与えた。特にモネやゴッホらは浮世絵に関心を寄せ、作品作りに生かしている。そのブームは、1878年のパリ万博で頂点に達するが、他の異国趣味と同様、20世紀に入ると衰退していった。 

【テンペラ】(てんぺら)

 鉱物性の顔料を細かい粉末にして、卵の黄身と混ぜて作る絵の具のこと。主に板に描くための絵の具として中世に作られた。すぐに乾くのでおおまかに描いたりぼかす技法はできず、細かい筆致で少しずつ塗る技術と計画性、気の長い取り組みが必要とされる。描き直しも難しいため、素描力の正確性も求められた。

 

KEYWORDS:

オススメ記事

佐藤 晃子

愛知県出身。明治学院大学文学部芸術学科卒業、学習院大学大学院人文科学研究科博士課程前期課程修了。西洋や日本の美術をわかりやすく紹介する著書の執筆を手がけるライターとして活躍。美術に関する講演も多数。


この著者の記事一覧