【「がん診療」を有意義なものにするコツ】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「がん診療」を有意義なものにするコツ

1万人以上のがん患者を治療する放射線治療専門医が語るがん治療最前線

■医師の質問には簡潔に答えましょう

 医師が患者さんに何か質問をしたときには、簡潔に答えるようにしましょう。

 限られた診療時間内で、医師は少しでも必要な情報を集めようとしています。もし、わからないならはっきり「わかりません」と答えてください。そうすれば、医師は別の角度から質問をして確認できます。

 ところが、「何か答えなくてはいけない」と思うのか、質問の意図とずれたことを長々と一生懸命お話しする患者さんがたくさんいます。あせらず、簡潔に答えるように心がけてください。

 また、本人に聞いているときは、家族がそれを遮ったり、決めつけてしまうことがないようにしてください。

 七〇代で早期肺がんが見つかった患者さんは、自分で調べてSBRT(体幹部定位放射線療法)を望み、私のところへやって来ました。意思確認をするために「本当に手術でなくていいか」と私が聞いたところ、同席している子どもたちが「手術をすべきだ」と言い張って、本人は押し黙ってしまいました。医師は家族のコンセンサスが得られないまま治療を行うのは不安です。どうにかその場を和らげようと努力しますが、これでは、誰のための治療なのかわかりません。

 
次のページ録音したいなら

KEYWORDS:

オススメ記事

武田 篤也

たけだ あつや

放射線治療専門医。1994年、慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院、防衛医科大学校病院、都立広尾病院にて放射線治療診療を行う。2005年に大船中央病院に赴任し、放射線治療センターを開設。以降13年あまりの間に、全国有数の高精度放射線治療施設とする。SBRT(体幹部定位放射線治療)を2000例以上行う(肝臓がんは世界1位、肺がんは国内2位)。70編以上の医学英文論文に加えて専門書『The SBRT book』(篠原出版新社刊)を執筆。中東の某石油産出国の国王に呼ばれ、診療を行った経験もある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療
最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療
  • 武田 篤也
  • 2018.01.19