【「がん診療」を有意義なものにするコツ】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「がん診療」を有意義なものにするコツ

1万人以上のがん患者を治療する放射線治療専門医が語るがん治療最前線

■録音したいなら

 診察のとき、メモをとる手が震えてしまっている患者さんもいます。専門用語も多く、正確なメモがとれないこともあるでしょうし、逆にメモをとることで頭がいっぱいになり、理解は先送りになってしまうこともあると思います。

 

 そういうときには、医師の話を録音するのも一つの方法です。

 ただし、そのときには是非、「メモを上手にとる自信がないので、あとから聞き直せるように録音してもいいでしょうか」などと一言伝えてください。

 今のレコーダーは高性能ですから、スイッチをオンにしたままポケットに入れておけば、医師に秘密にしたまま録音できてしまうかもしれません。しかし、それを医師が知ったらあまりいい気持ちはしません。

 逆に、いきなり机の上にどんとレコーダーを出されると、無言のプレッシャーをかけられているように感じます。

 前にも述べたように、医師も人間です。信頼関係を構築するために、どうか一声かけてください。

次のページ心を開くことの重要性

KEYWORDS:

オススメ記事

武田 篤也

たけだ あつや

放射線治療専門医。1994年、慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院、防衛医科大学校病院、都立広尾病院にて放射線治療診療を行う。2005年に大船中央病院に赴任し、放射線治療センターを開設。以降13年あまりの間に、全国有数の高精度放射線治療施設とする。SBRT(体幹部定位放射線治療)を2000例以上行う(肝臓がんは世界1位、肺がんは国内2位)。70編以上の医学英文論文に加えて専門書『The SBRT book』(篠原出版新社刊)を執筆。中東の某石油産出国の国王に呼ばれ、診療を行った経験もある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療
最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療
  • 武田 篤也
  • 2018.01.19