【織田信成が海外のコーチから指摘された、休むことの大切さ】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

織田信成が海外のコーチから指摘された、休むことの大切さ

織田信成さん2月毎日更新 Q13.海外(カナダ)での練習経験は役に立ちましたか?

競技者でなくなった今も、厳しい練習を自らに課す織田信成さん。現役時代に体感した、練習に対する日本と海外の考え方の違いについてお話を聞きました。

自分を見つめ直す時間も必要

――17歳から年に何度もカナダを訪れ練習をしてきた織田さんですが、海外での経験から得たものはありましたか?

 

 カナダでの経験は、とても印象に残っています。練習に対する考え方が、日本のそれとはまったく異なりましたから。日本では、とにかく数をこなすことが求められます。何度も繰り返すことで、カラダに覚えさせるという考え方です。それも、すべての動作を一から繰り返しやり続けます。一方海外では、スケジュールがきっちりと組まれていて、ひとつの動作が出来たら次の段階へと進み、繰り返すことはありません。つまり効率性を重視するんです。

――日本式の練習に慣れていると、かなり面食らいますよね。最初、抵抗はなかったですか?

 初めて見た時は、「こんなの練習じゃない!」と思いました。反復練習をしない分休みも多かったですし、海外の選手は随分と楽をしているんだなと思いました。でも、ある時海外のコーチから指摘されたんです。休むことはサボることじゃない。カラダをいたわるだけじゃなく、今やっていることを考える時間でもあると。その時、ハッとしました。がむしゃらなだけで満足して、自分とちゃんと向き合えていなかったなって。

 

――練習に対する考え方が変わったんですね。それから、何か変化はありましたか?

 自分を見つめ直すということは取り入れましたが、結局は練習漬けでしたね(苦笑)。休みの日に海外の選手がパーティに出かけるのを余所目に、僕は自室でフィギュアのビデオを見ていましたから。より高い位置を目指すには、やっぱり日本式の反復練習も必要だと思います。それに加えて効率的な練習や、考え方を整理するための休みを取る。そのバランスの取り方が大事なんでしょうね。その考え方を知ることが出来ただけでも、大きな収穫だったと思います。

〈明日の質問は……Q14 .「日本選手の活躍を、どう予想していますか?」です。〉

KEYWORDS:

 \大好評発売中! 現在4刷/

織田信成・著フィギュアほど泣けるスポーツはない!

 2018年、平昌オリンピックの年に氷上のお殿様こと織田信成が、自身の、波乱万丈のスケーター時代など体験を交えながら、フィギュアスケートの魅力を皆さんにお伝えします。また、指導者であり解説者である厳しい視点は保ちつつ、初心者にこそわかりやすい、平昌オリンピックの見どころなどを解説。逆境でこそその強さと美を発揮してきた羽生結弦選手への思い、戦友・浅田真央さんへのメッセージ、松岡修造さんとの熱血対談も必読!

オススメ記事

織田 信成

おだ のぶなり

1987年生まれ。大阪府出身。高校3年時に世界ジュニア選手権で優勝を果たし、注目を集める。シニアデビューを果たした翌シーズン、トリノオリンピックの代表候補となるが、惜しくも選外に。2010年バンクーバーで初の五輪出場を果たす。2014年ソチ五輪出場をかけた全日本選手権で総合4位に終わり、五輪出場を逃すと同時に引退を表明。現在は関西大学アイススケート部監督を務めながら、解説者、プロフィギュアスケーター、タレントなどとして多彩に活躍中。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

フィギュアほど泣けるスポーツはない!
フィギュアほど泣けるスポーツはない!
  • 織田 信成
  • 2018.01.25