【現役をしながらセカンドキャリアを生きるということ【プロサッカー選手・岩政大樹の現役目線】】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

現役をしながらセカンドキャリアを生きるということ【プロサッカー選手・岩政大樹の現役目線】

僕はJリーガーには向いていなかった

岩政大樹「現役目線」第32回

プロ選手とセカンドキャリアを同時に進めた一年について
 

 あっという間に年の瀬を迎えました。

 僕は今年、新たな日々を始めています。この連載から本を出すこともできました。その激動の一年の締めくくりとして、今振り返って考えていることを書き残しておこうと思います。

 ちょうど一年前の今頃、僕は自分の人生をどうしていこうかと考えていました。様々な情報を集め、話を聞き、そしてたどり着いたのが「プロサッカー選手を続けながら、”セカンドキャリア”を始めてしまえないだろうか」というアイデアでした。

 ファジアーノ岡山を退団して、最初は引退を考えました。僕は、全身全霊をかけてプレーした所属チーム、鹿島アントラーズ、BECテロ・サーサナ、ファジアーノ岡山とは対戦したくない。できれば、元チームメイトとも敵として戦いたくなかったのです。
 しかし、引退して何をするのかと考えたときに、僕は「これが自分の仕事です!」と胸を張って言えるものがありませんでした。解説をするにしても、コーチをするにしても、サッカー教室をするにしても、どこかのクラブに所属するにしても、書き物をするにしても、僕はそれを「本職」と言うにはあまりに未熟だと思いました。

処女作「PITCH LEVEL」を刊行。解説など東京Uでプレーをしながら精力的に活動した。

 その頃届いたのが、Jリーグのクラブではないチームからのいくつかのオファーでした。その一つに東京ユナイテッドが含まれていました。
 僕はふと、Jリーグのクラブでなければ、そもそも社会人が所属しているわけだから、プロサッカー選手を続けながら、そうしたあらゆる仕事を同時にできるのではないか、と考えました。思いつくと、オファーをいただいた各クラブにそのアイデアを打ち明け、実現可能か問い合わせてみました。すると、いずれのクラブもそれを奨励してくれました。
サッカー本大賞(本の雑誌社)。岩政大樹「PITCH LEVEL」が大反響

 
次のページ僕はJリーガーに向いていなかった

KEYWORDS:

オススメ記事

岩政 大樹

いわまさ だいき

東京ユナイテッドFC

サッカー選手

1982年1月30日生まれ、35歳。187cm/85kg。ポジションはセンターバック。

山口県出身。周東FC、大島JSCを経て岩国高校サッカー部でプレー。東京学芸大学在学中に注目を集め、2004年鹿島アントラーズに加入。

2007年~2009年鹿島アントラーズのJリーグ3連覇に貢献。自身も3年連続Jリーグベストイレブンに選出される。

2013年鹿島アントラーズを退団。2014年にはタイプレミアリーグのテロサーサナでプレー、翌年ファジアーノ岡山に加入。

強さとクレバーさを兼ね備えたプレーでディフェンスラインのリーダーとして活躍する。2017年シーズンより関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドFCに加入(コーチ兼任)。東京大学サッカー部コーチも兼任。

2016年シーズン終了現在で、J1通算290試合出場35得点、J2通算82試合で10得点。日本代表国際Aマッチ8試合出場。

2017年9月初の著書『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』を上梓。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法
PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法
  • 大樹, 岩政
  • 2017.09.19