美容としての自毛植毛|コロナ禍で変化する薄毛治療と、新たな活用法 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

美容としての自毛植毛|コロナ禍で変化する薄毛治療と、新たな活用法

植毛の進化論「薄毛は隠すから治す時代」へ 〜自分に合った治療法の見つけかた〜

リモート


 今や一般化したとも言えるリモート環境では、主に胸から上だけが映る状況で自分を表現する機会が増えている。そんな中、リモートをきっかけとした「髪の悩み」についても変化が起こっているという。
 『本気で薄毛に向き合う人が読む本』(KKベストセラーズ)の著者であり、自毛植毛の権威とも称される「親和クリニック」の総院長・音田正光医師(以後「音田氏」と表記)に話を聞いた。


■リモート環境が生み出した植毛の美容ニーズ

 

 コロナウイルスの感染拡大が第3波の様相を呈してきていることもあり、「リモート化」は今後も継続する可能性が高いと予想される。長期化したリモート社会は私たちの生活や仕事に「外見偏重」という変化をもたらしたが、人の第一印象を左右する「髪」に関しては、これまでと異なる悩みとニーズも顕在化してきているという。

自毛植毛
自毛植毛の権威「親和クリニック」総院長・音田正光医師

 

「リモートが定着したことで『髪』が人に与える印象は格段に強まりました。その結果、従来の薄毛治療とともに女性の来院数や、生え際や額の形を整えたいというニーズが増えてきていると感じます」(音田氏)

 リモート環境においては、その人が持つ雰囲気やニュアンスはあまり関係なく、モニターに映る顔が印象の9割を占める。ましてやマスク着用が事実上義務化された今は、鼻から上の「見た目」が第一印象に直結するため、髪の毛への意識が高まるのは自然な流れともいえる。しかし、なぜ女性が増えているのか。また、生え際や額の形を整えるというのはどういうことなのだろうか。

「ヘアライン(生え際)を下げることで額が狭くなり、小顔に見える効果が得られます。また、生え際を円形に整えることで、柔らかく若々しい印象になります。いずれも、リモートでの『映り』を気にされた方からのご相談が多く、これまでの薄毛治療とは異なる、いわば美容領域のニーズとも言えます。中には眉毛の植毛を希望する方もいらっしゃるなど、リモートをきっかけとした思いがけない需要に驚いていますが、私たちの自毛植毛技術がお役に立てるのであれば嬉しいです」(音田氏)

ヘアライン
施術前(上)と施術後(下・1年経過)の生え際の比較

 

 どうやら薄毛治療を目的として進化した自毛植毛は、「マイナスからの治療」だけではなく「プラスへの美容」としても活用されはじめているようだ。親和クリニックでの女性来院数は昨年比で約3%増、現在もゆるやかな増加傾向にあるらしい。
 なお、生え際を1cm下げるのであれば、約1,000株の移植で施術時間はおよそ3時間。女性にとっては美容院感覚でカジュアルに施術を受けられることも、増加の理由だと考えられる。

 

次のページ「今のうち」自毛植毛には、リモート期が最適なタイミング

KEYWORDS:

音田先生が総院長を務める「親和クリニック」
公式HPはこちらから

自毛植毛

『植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本』/著◉音田正光

自毛植毛

オススメ記事

音田 正光

おんだ まさみつ

医学博士

医学博士。親和クリニック総院長。医療法人社団三幸音和会理事長。
大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約1 0 数年従事したのち、植毛手術を開 始。最近の1 0年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。 症 例数は100 例超、その後もっぱらFUE手術を行い症例数は約200 例に上る。平成20年、採取に動力パンチを用いたたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった 。
得意な自毛植毛手術はハイスピードメガセッション、SuperDensePackingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形修正術。短時間での大量移植、高密度移植の技術は患者だけではなく国内外の毛髪医療関係者からも絶大な支持を集めている。

この著者の記事一覧