【「どうすれば風俗で働かないで済むか」の間違い】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「どうすれば風俗で働かないで済むか」の間違い

「セックスワークサミット2017秋」レポート 後編

●性産業、そこに従事する人の誤解を解く

 日本では、まだまだ性産業、およびそこに従事する人たちへの偏見があり、正しい理解が得られていないという現状がある。「性風俗で働くことは間違ったことであり、一刻も早く辞めるべきである」と。だが一方で、性産業が社会的保証を受けられない人に対する「養護」装置となっているという一面もあるのだ。

 児童養護施設や里親家庭を退所した方の相談支援事業を行っているアフターケア相談所「ゆずりは」所長の高橋亜美さんから、アフターケアの現場から見えてくる社会的養護と性風俗の関係、そして性風俗の世界で働く若者に対して支援者が取るべき姿勢について、話をうかがった。

「セックスワーク・サミット2017秋」より。前編〈「社会保障は性風俗に敗北した」を考える〉に続く後編。

 

次のページ「どうやったら働かないで済むか」だけではなく

KEYWORDS:

「セックスワーク・サミット2017冬 「つながる風俗女子」+シンポジウム「みんなでつくる『適正風俗』」(主催:一般社団法人ホワイトハンズ)が、2017年12月3日(日)に、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催されます。

オススメ記事

坂爪 真吾

さかつめ しんご

1981年新潟市生まれ。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。東京大学文学部卒。



新しい「性の公共」をつくる、という理念の下、重度身体障害者に対する射精介助サービス、風俗店の待機部屋での無料生活・法律相談事業「風テラス」など、社会的な切り口で、現代の性問題の解決に取り組んでいる。2014年社会貢献者表彰、2015年新潟人間力大賞グランプリ受賞。著書に『セックスと障害者』(イースト新書)、『性風俗のいびつな現場』(ちくま新書)、『はじめての不倫学』(光文社新書)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル (ベスト新書)
見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル (ベスト新書)
  • 坂爪 真吾
  • 2017.02.09