【世界一の投資家・バフェットが1セント硬貨を拾い上げて言った言葉】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

世界一の投資家・バフェットが1セント硬貨を拾い上げて言った言葉

お金を「どう使うか」が難しい。ウォーレン・バフェットに学ぶお金の本質④

アメリカの著名投資家、ウォーレン・バフェットの生き様に学ぶ。

【前回:世界一の投資家・バフェットに学ぶ。その究極にシンプルな投資哲学

「本当に私はこの散髪に30万ドルを費やしたいだろうか?」

 

 これまで見てきたようにバフェットの成功は「大好きなことをとびきり上手にやる」「原則に忠実に」といった生き方によってもたらされたわけですが、バフェットが単なる大金持ちではなく世界中の尊敬を集める大金持ちになることができたのはバフェットのお金に対する考え方、生き方が寄与しています。

 バフェットが親から受け継いだのは「使う金は入る金よりも少なく」ですが、そこに「複利式の考え方」が加わることでバフェットはお金を大きく殖やすことができました。複利式の考え方は投資家の多くが行うものですがこういうものです。

 たとえば、自分自身が散髪をするかどうかについてこう自問自答します。

「本当に私はこの散髪に30万ドルを費やしたいだろうか?」

 もちろん実際に散髪に30万ドルもかかるわけではありません。しかし、わずか30ドルのお金であっても、そのお金を投資して年利10%で運用したとすれば、5年後、10年後にはかなりの大金になるというのが複利式の考え方です。

 たいていの人にとって「消費」と「浪費」うち、浪費は節約の対象となっても消費は仕方がないものとなります。しかし、バフェットにとっては普段の何気ない消費でさえ「よくよく考えて使う」ものとなるのです。

次のページ10億ドルへの第一歩を踏み出せるか

KEYWORDS:

オススメ記事

桑原 晃弥

くわばら てるや

1956年広島県生まれ。経済・経営ジャーナリスト。慶應義塾大学卒。業界紙記者、不動産会社、採用コンサルタント会社を経て独立。人材採用で実績を積んだ後、トヨタ生産方式の実践と普及で有名なカルマン株式会社の顧問として、『「トヨタ流」自分を伸ばす仕事術』(成美文庫)、『なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか』(PHP新書)などの制作を主導した。著書に『スティーブ・ジョブズ名語録』(PHP文庫)、『ウォーレン・バフェット成功の名語録』(PHPビジネス新書)、『伝説の7大投資家』(角川新書)、『トヨタのPDCA+F』(大和出版)など。バフェット関連書籍多数。


この著者の記事一覧