169日間の勾留。田母神俊雄が獄中で記したノートの中身とは? |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

169日間の勾留。田母神俊雄が獄中で記したノートの中身とは?

田母神俊雄が「獄中ノート」で記した「日本の敵」論考 第1回

やり過ぎの「保守運動弾圧」

午前中約8分間の検事との面談、最後のあいさつ
単なるルール違反の公選法違反、それは罪ではあるが
それを調べるのに強制捜査、逮捕、勾留(長期)は
やり過ぎ、検察による保守運動弾圧である。日本の
自立を検察が妨害している。

今日で取り調べも終わった。心配は家族の生活だけ。
それが安心できればここで暮らすこともそう悪くない。

夜になって「5月2日付公職選挙法違反で起訴」との
連絡あり。第1回公判まで接見禁止。
横領はないということだ。よかった。

 (『獄中ノートNo.1』2016年5月2日)

 田母神は、「2年前の選挙(2014都知事選挙)での、強制捜査、逮捕、勾留されたことに、別の政治的思惑を感じる」と述べる。そしてこれは、「日本派保守への宣戦布告だと思う。これは保守運動への弾圧なんです」と静かに語った。

 しかし、その「政治的思惑」を「敵」として認識できず、自らの罪につながったことと向き合い、獄中で深く考え、ゆえに田母神は自らの人生を賭けて戦うことを決意し、こう語った。
「私の周りには、半分は罪を受け入れてもいいんじゃないか」と言う方々もいましたけど、私は自分の信念を曲げずに自衛隊をクビになった男です。自分の信念に従って愚直に生きるだけです」

 2017年、6月2日、田母神は地裁判決を不服として東京高裁に控訴した。
 田母神は、最新の著作のタイトル『日本の敵』の主題は「内なる敵」だとも述べ、最後にこう続けた。「敵は、内なる敵が厄介なんです。味方の顔をして近づいてきますからね」と。
 現在も田母神の「敵」との戦いは続けられている。

KEYWORDS:

オススメ記事

田母神俊雄

たもがみ としお





1948年、福島県郡山市生まれ。



71年、防衛大学電気工学科(第15期)卒業後、航空自衛隊に入隊。



地対空ミサイルの運用幹部として部隊勤務10年。



統合幕僚学校長、航空総隊司令官などを歴任。



2007年、第29代航空幕僚長に就任。約5万人の空自トップとなる。



08年10月31日、民間の懸賞論文へ応募した作品(「日本は侵略国家であったのか」)が



政府見解と異なり、幕僚長を更迭。



同年11月3日付で定年退職。



その後は執筆・講演活動で活躍しながら自らの信念を実現すべく政治に参画。



14年2月9日、東京都知事選挙に立候補するも4位落選(61万865票)。



同年12月14日、第47回衆議院選挙に立候補し落選。



16年4月14日、「2年前」の都知事選における公職選挙法違反容疑で逮捕。



検察の厳しい取り調べを受け、東京拘置所に勾留169日間。



「無罪」を訴え、法廷闘争を繰り広げる。



17年5月22日、東京地裁にて有罪判決。



同年6月2日、東京地裁の判決を不服として東京高裁に控訴。



著書に『自らの身は顧みず』(WAC)、『田母神塾』(双葉社)、



『田母神大学校』(徳間書店)、『田母神俊雄の戦争論』(電波社)など多数。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-