【三鷹の「連雀」という地名は神田の行商人にルーツがあった】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

三鷹の「連雀」という地名は神田の行商人にルーツがあった

第2回 地名にひそむ由来の謎 「下連雀」「芋窪」「奈良橋」

実に東京都人口の3分の1、420万人が住む多摩地域。370万人の静岡県(日本第10位)よりも多い多摩は歴史の宝庫であった。江戸文化を中心に多方面に造詣の深い著者・中江克己が多摩の歴史や地名の由来を紹介する。

 「連雀」とは何か

 多摩地区は広い。そのせいか、珍しい地名や歴史を物語るものもある。たとえば、三鷹市にある「下連雀」という地名だ。

 連雀は「れんじゃく」と読むが、連雀とは何か。連雀という冬鳥がいるが、それとはかかわりがなく、「連尺」のことである。連尺は二枚の板を縄で組み、物を背負いやすくした用具で、行商人は商品をこれで背負い、売り歩いた。

 こうした行商人が神田の一角に多く住み、連尺町ができた。のちに連雀町(千代田区神田須田町1)に改められたが、明暦3年(1657)の大火で町が焼けたため、万治2年(1659)、家を失った住民たちが三鷹へ移住、連雀新田を開いた。現在の下連雀は、これに由来する。

(C)国土地理院/地理院タイル/標準地図

 それの西隣に「上連雀」があるが、これは下連雀と直接のかかわりはない。近くの農民たちが新田を開発、連雀につづく土地だったので「連雀前新田」と称し、享保年間(1716~35)に上連雀村と改称された。

 地名の変わりダネといえば、東大和市を東西にのびている青梅街道に面する「蔵敷」という町もその一つ。その北側には東京都民の水がめ、多摩湖(村山貯水池) が広がっている。

多摩湖(村上貯水地) (C) DS80s

 蔵敷は、もともと「雑色」で「雑多な色」のこと。平安時代、貴族の身分の低い使用人が服の色が定まらず、ありあわせの雑多な色の服を着ていたため、下級役人などを雑色と称した。

 江戸時代、その当て字として蔵敷村があった。50戸ほどの小さな村だったが、慶長8年(1603)に設けられた「蔵敷高札場」(東大和市蔵敷一)が現存し、都旧跡に指定されている。高札は、幕府が住民に知らせるために法度や掟、犯罪人の罪状を記した板札だ。

次のページ「芋窪」とは何か

KEYWORDS:

オススメ記事

中江 克己

なかえ かつみ

北海道函館市生まれ。河出書房、思潮社などの編集者を経てノンフィクション作家。江戸を中心に、歴史の意外な側面に焦点を当てて、執筆をつづけている。



著書は『大江戸〈奇人変人〉かわら版』(新潮社)、『忠臣蔵と元禄時代』(中央公論新社)、『徳川将軍百話』(河出書房新社)、『日本史の中の女性逸話辞典』(東京堂出版)、など多数。ほかに染織文化にも造詣が深く、『色の名前で読み解く日本史』(青春出版社)、『歴史にみる日本の色』(PHP研究所)『江戸東京の地名散歩 歴史と風情を愉しむ』(ベスト新書)などの著書も多い。



 


この著者の記事一覧