ルールが明確になっていれば、差をつけてもいい

 武蔵野はパートを公平に扱いますが、頑張ったパートと頑張らなかったパートの賞与額には差をつけます。

 差をつけても文句が出ないのは、「経営計画書」(※)に、「賞与は、1年以上在籍のパート・アルバイトに上司が評価して、規定の比率で支給する。賞与は全12ポイントによるポイント制とする」と明記してあるからです。「えこひいき」はいけませんが、ルールが明確なら、差をつけても文句は出ません。方針やルールを決めずに、場当たり的に差をつけるから「不公平だ」と文句が出ます。

 女性は、男性よりも、「守る能力」を持っています。母親が子どもを育てることに秀でているのも、守る能力が高いからです。また、男性は次から次へと新しい変化を求めますが、女性は違います。変化することよりも、
「決められたことを、決められた通りに実行する」
「最後まで、根気よく続ける」
 ことが得意です。

 パートを戦力化できない理由のひとつは、会社にルールや方針がなく、行き当たりばったりの指示を出すことです。上司によって指示が違ったり、方針がその都度変わったりすることをパート(女性)は嫌がります。

 普通の会社は、社長と、専務と、部長と、課長と、係長の言うことが微妙に違うため、パートは「どれが正しいのか」がわからなくなって、迷います。

 しかし武蔵野は、実行すべき方針や守るべきルールが「経営計画書」に書いてあるため、ブレがなく、安心して仕事をすることができます。

 スポーツや遊びにもルールがあるように、会社にもルールが必要です。「決められたことを、決められた通りに実行したい」というパートにとって、ルールが「紙」に書かれていることは、とても大切です。

(※)武蔵野のすべてを書き記したもの。経営理念、長期事業構想、社員教育、人事評価、採用、クレーム対応、資金運用、実行計画など、会社の方針と数字が明文化された手帳型のルールブックと、クルマの運転のしかた、タクシーの乗り方、道の覚え方に至るまで、具体的に明記した武蔵野手帳がある。

<『儲かりたいならパート社員を武器にしなさい』(ベスト新書)をもとに構成>