【京王線の知られざる旧線(新宿~幡ヶ谷)【前編】】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

京王線の知られざる旧線(新宿~幡ヶ谷)【前編】

ぶらり大人の廃線旅 第17回

 変わらないのは西参道の灯籠だけ

 その先は西参道の踏切跡である。現在は首都高速道路がデルタ形に上空を覆っているが、昔は渡った先に西参道停留場があった。大正3年(1914)の開業時はその名も「代々木」であったが、国鉄の駅名と紛らわしいためか同8年に神宮裏と改称されている。2度目の改称で西参道になったのは昭和14年(1939)のことだ。

 西参道とは明治神宮の西側から入る参道で、甲州街道側からの参道であるため、その踏切跡のすぐ南側には今も灯籠が1対「代代幡町」と彫られた台座とともに残っている。これは戦前の写真に踏切とともに写っているが、それ以外はことごとく変わってしまった。ちなみに代々幡町とは代々木と幡ヶ谷の両村が明治の町村制で合併して合成された地名で、代々幡斎場はその数少ない名残である。

写真を拡大 西参道の入口に大正時代から建つ灯籠は地上時代の電車も見守っていた。右手奥が明治神宮、線路は撮影地点付近。

  その先の線路は上水の北側に移るので、駐車場が線路跡である。それと並行する裏の細道が上水で、その証拠に東京都水道局の「基準点」の金属円盤が歩道のまん中に埋め込まれていた。ほどなく横切る道路には年季の入ったコンクリート欄干が残っていて、これに三字橋とある。「みあざばし」と読み、大字代々木のうち新町(しんまち)・山谷(さんや)・初台の3つの字の境界にあたることから命名されたそうだ。現在では西にある山手通りが代々木四丁目と初台一丁目の境界である。

写真を拡大 初台駅手前の線路跡地は駐車場、玉川上水の跡地は道路になっている。

写真を拡大 現在地下を走る京王線の換気口。線路はここから右手の地下で、時折り電車の音が聴こえてくる。左の道路は玉川上水の跡地。

 次に1車線道路と交差する地点には「伊東小橋」と彫られた、これは新設されたらしい親柱とガードレール。オリジナルでなくても、昔の橋を記念して形にして残すのはいい試みだ。そこからすぐ西へ行くと現初台駅の南口がある改正橋跡。何の改正かよくわからないが、明治大正期に都市計画を指した「市区改正」と関係があるのだろうか。この親柱も新しく「再建」されている。

写真を拡大改正橋のモニュメント親柱と初台駅南口。最初に開業した停留場名は改正橋であった。線路は橋の向こう側を左右に走っており、橋の先は踏切だったようだ。

  この区間が開通した大正3年(1914)には改正橋停留場であったが、同8年に今の初台に改称した。現在では新宿からここまで2キロ近くも離れているが、戦前の昭和13年(1938)の時点では新宿停車場前から新町、天神橋、神宮裏と3駅(停留所)もあり、今となっては高層ビルの建ち並ぶ西新宿三丁目あたりにもうひとつ駅が欲しいところだ。

次のページこれも幡ヶ谷と代々木の合成-幡代

KEYWORDS:

オススメ記事

今尾 恵介

いまお けいすけ

1959年横浜市生まれ。中学生の頃から国土地理院発行の地形図や時刻表を眺めるのが趣味だった。音楽出版社勤務を経て、1991年にフリーランサーとして独立。旅行ガイドブック等へのイラストマップ作成、地図・旅行関係の雑誌への連載をスタート。以後、地図・鉄道関係の単行本の執筆を精力的に手がける。 膨大な地図資料をもとに、地域の来し方や行く末を読み解き、環境、政治、地方都市のあり方までを考える。(一財)日本地図センター客員研究員、(一財)地図情報センター評議員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査、日野市町名地番整理審議会委員。主著に『日本鉄道旅行地図帳』『日本鉄道旅行歴史地図帳』(いずれも監修/新潮社)『新・鉄道廃線跡を歩く1~5』(編著/JTB)『地形図でたどる鉄道史(東日本編・西日本編)』(JTB)『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み1~3』『地図で読む昭和の日本』『地図で読む戦争の時代』 『地図で読む世界と日本』(すべて白水社)『地図入門』(講談社選書メチエ)『日本の地名遺産』(講談社+α新書)『鉄道でゆく凸凹地形の旅』(朝日新書)『日本地図のたのしみ』『地図の遊び方』(すべてちくま文庫)『路面電車』(ちくま新書)『地図マニア 空想の旅』(集英社)など多数。


この著者の記事一覧