【性格の良い脚、悪い脚。女性の脚は魔物である【美女ジャケ】】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

性格の良い脚、悪い脚。女性の脚は魔物である【美女ジャケ】

【第14回】美女ジャケはかく語りき 1950年代のアメリカを象徴するヴィーナスたち


「美女ジャケ」とは演奏者や歌っている歌手とはまったく無関係な美人モデルをジャケットにしたレコードのこと。1950年代のアメリカでは良質な美女ジャケに溢れており、ギリギリセーフなエロ表現で“ジャケ買い”ユーザーを魅了していたという。このたび『Venus on Vinyl 美女ジャケの誘惑』を上梓したデザイナー・長澤均が、魅惑の美女ジャケについて独自の考察を語る。


■脚フェチも脚フェチじゃない人も、人生には気づかないほうが幸せなこともある

 この連載も14回目。当初10回の予定で、10回分テーマ出しして始めたものだから11回目以降は、その都度テーマを考えている。さすがにもう出尽くしたのではないか? と思ってきたが、そうだ! 女性のエロティシズムの最も重要な武器、あれを取り上げてなかったではないか。
 脚である。
 以前から書いているように美女ジャケというのは、美女の顔のアップがともかく多い。あるいはポーズを取った全身像も少なくはない。でも、ことさら脚を強調したジャケというのは意外にもそう多くないのだ。
 脚をあまりフェティッシュな視線で撮ると、エロくなってしまうからだろうか。美女ジャケというのは、60年代後半から日本で盛んにリリースされたエロジャケとは違うし、筆者が集めてきた1950年代は、あまりにエロいものは市場に出せなかったという理由もある。
 とくにメジャーなレコード会社では、セクシュアルなジャケにもそれなりの「品」を漂わすことが重要視された。ムード音楽のレコードなんて、メインの購買層はサバービア(郊外生活者)の中産階級なのだから。
 Capitolレコードの、撮影にも、フォントにも、デザインにもこだわった美女ジャケは、そんな「品のあるセクシュアリティ」を追求した精華といえるだろう。

 Capitolレコードの洗練された1枚にジョージ・シアリングの「burnished brass」がある。この連載でもシアリング作品は何枚か取り上げてきたが、ともかく美女ジャケが多い。しかもほとんどがCapitolレコードからのリリースだからゴージャスでセンスが良い。

「burnished brass」

 この「burnished brass」もモデルの素晴らしい美脚以上に、地に敷いたゴールドの布、ラメ入りの深紅のドレスなど、ブラスからイメージされるきらびやかさを見事に表現したアート・ディレクションに唸った。
 そしてモデルのロングドレス。太ももから脚に目が行くように、胸元が隠れたホルターネックのものを選んだあたりの細やかなスタイリングにも脱帽だ。
 マニアックな話になるが、モデル嬢は、南洋エキゾ・ミュージックの第一人者、マーティン・デニーのほとんどのアルバムのモデルを務めたサンドラ(サンディ)・ワーナー。
 連載第2回でサンディがジャケのモデルをしているデニー作品を紹介しているので、ぜひ見て欲しい。デニー作品でも同一モデルとは思えぬほど七変化の彼女だが、こちらもまた別人かのようで、このモデルがサンディと気づいた人は美女ジャケ愛好者でもそう多くはないはずだ。
 ともあれこんな太ももに深くスリットが入ったドレスが似合う女性なんて、やはりボディの良い欧米系でしょう。と、筆者の世代では思っていた。マリリン・モンローとジェーン・ラッセル(連載第10回参照)が共演した『紳士は金髪がお好き』(1953年)で二人の太ももに悩殺された中学生のとき以来、そう信じてきたのだ。
 でも、最近はなにか違ってきている。
 映画ではなく日常で見る欧米女性は、太り気味の人が多いが、一方、インスタの脚フェチ向け投稿で数万のフォロワーを稼いでいるのは、中国か韓国系の女性。欧米パツキン女性崇拝世代ながらも、何人かアジアの美脚女性をフォローしてしまっている次第です。

 同じような深いスリットのドレスを着ているのが、ジュリー・ロンドンの「London by night」。歌っているご本人がモデルで、素晴らしい美女で、しかもとてもハスキーな独特の声。

「London by night」

 高校生のときに知って以来のファンで、拙著『Venus on Vinyl 美女ジャケの誘惑』では、彼女のレコードだけで6ページの論考を書いた。もっとも、ずいぶんと大人になってわかったことだが、彼女は美女だが、あまりスタイルが良いほうとは言えない。極端に背が小さいこともある。
 若いときは美人というだけで惹かれるし、男というのはドレスから垣間見える太ももだけで欲情する単純な動物だ。だが、ジュリーさんがあるジャケでレオタードのような服でポーズを取っている写真をよーく見ると、どうにもいまひとつなのに気づいてしまった。
 それ以来、ドレスのスリットから太ももを出したこのイカしたジャケも、さほどソソらないものになってしまった。人生には気づかないほうが幸せなことは多い。
 
 脚を露出させているからといって必ずしもセクシーになるわけではない。ケニー・ドリューの「I LOVE JEROME KERN」は、ジャズ・ファンには人気の高いアルバムで、センスも悪くないが、なぜか惹かれるところが少ない。モデルは半裸だというのに。

「I LOVE JEROME KERN」

 品良くまとめすぎているのだろうか? ボーイッシュな短髪も好みが分かれるところだ。そして……足の爪先あたりの組み方というか、この足先のポーズ、これはまったくセクシーではないでしょう!
 エロティシズムというのは「繊細な技巧」のことなのだ。ほんの数センチの位置関係が、エロティックか否かを大きく左右してしまうこともある。
 そういう点で、このジャケのモデルのポーズは、エロティシズムから遠ざかってしまっているのだ。前掲の拙著では、迷ったすえに掲載しなかったが、そのあたりが理由だった。

 似たように膝を屈曲させたポーズを取るジャケにポール・スミスの「By the Fireside」がある。この連載第3回目で一度掲載しているが、再掲をお許し願いたい。

「By the Fireside」

 こちらはネグリジェで上半身を隠しているが、よほどエロい。いや、エロ過ぎると言ってもいいだろう。脚の曲げ方なぞは、もうエロの王道ポーズで、いわばこのポーズではこの脚の曲げ具合しかないでしょ! というくらい完璧だ。
 エロ顔と美脚で攻めるこのモデルは、さらにミュールを履いているところもポイントが高い。欧米ではふつうに室内履きとして履かれるミュールは、その簡単に脱げ落ちそうなところがエロティックだ。
 そう、脚(足)フェチ人種は、女性の足からハイヒールだのミュールだのが脱げ落ちそうなところにひときわ興奮する。
 1950年代後半にアメリカで最初の脚フェチ専門誌を創刊したエルマー・バターズは、心底、脚フェチだったので、自ら写真を撮り、編集をこなし、さらに雑誌を刊行するために出版社までつくった。
 やがて彼の写真は忘れ去られてしまうが、1990年代に写真集としてまとめられる。そのなかの1枚、“フルファッション・ストッキング”と呼ばれる、うしろにシームが入ったストッキングを穿いたモデルの足から、いまにも落ちそうなハイヒール。これぞバターズの最高傑作であり、足フェチの望む最高のエロティシズムと思ったものだ。

Photo by Elmer Batters

次のページ完璧な脚は“それで終わり”。脚も未完成のものがイイ

KEYWORDS:

オススメ記事

長澤 均

ながさわ ひとし

グラフィック・デザイナー/ファッション史家/オンライン古書店経営

美術展のポスター等の宣材、雑誌やMOOKのアート・ディレクション、本の装幀、CDジャケットなどのグラフィック・デザインのかたわらファッション・カルチャー史に関して執筆。 『ポルノムービーの映像美学』(彩流社)、『BIBA スウィンギン・ロンドン1965~1974』(ブルースインターアクションズ)など8冊の著作がある。最新刊は『Venus on Vinyl 美女ジャケの誘惑』(リットーミュージック)。KKベストセラーズ刊の全宅ツイ著『実況! 会社つぶれる!!』ではアートディレクターを担当。オンライン古書店モンド・モダーンを運営している。19世紀半ばからのモード雑誌や8bitのヴィンテージ・コンピュータのコレクターでもある。

 

この著者の記事一覧