【梅雨と夏を前に…未来志向の戦略的AGA治療を考える】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

梅雨と夏を前に…未来志向の戦略的AGA治療を考える

植毛の進化論・薄毛は「隠す」から「治す」時代

昨今CMなどでも目にする機会が増えた「AGA」。しかし、情報が氾濫しすぎている現在は、冷静な判断を行うことは難しい時代とも言える。憂鬱な梅雨、そして夏という時期を前に、薄毛に悩む人は何を考えるべきなのか。そして、いつ、どのように動き出せばいいのか…。
植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本」の著者である、自毛植毛のパイオニアとも称される「親和クリニック」の総院長・音田正光先生に話を聞いた。

 

■目標を達成するために必要なことは…

 コロナ禍を受けての緊急事態宣言が解除され、本格化する梅雨が終われば夏が訪れる。しかし、多くの薄毛難民にとって、高温多湿となるこれからの季節は楽しみばかりではなく憂鬱な時期でもあるだろう。そのため、例年拙速な薄毛対策を講じる人が増えてしまうのだが…残念ながら、数ヶ月で急激に髪が生えたり増えることはない。

「AGAという言葉が一般化するにつれ、薄毛に効果があるとされる様々な商品やサ ービス、治療法が数多く存在するようになった半面、結果として薄毛に悩む人たちが惑わされているのが現状といっていいでしょう。髪の毛を生やすことができる薬などが開発されたら、それこそノーベル賞に値する大発明。薄毛の解決はそれほど困難な課題なのです 」

 そう話すのは自毛植毛の権威と呼ばれる「親和クリニック」総院長・音田正光医師だ(※以下「音田氏」と表記する)。

 クリニックを訪れる多くの患者とのカウンセリングを通して音田氏が感じるのは、みな独自に情報収集をして様々な治療にコストを投じるのだが、その多くは結局ムダな投資となり、貴重な時間をロスしてしまっていることだという。

 何事においても本気で目的を達成するためには、現実的なスケジュールと最適な方法を考えた上で行動を起こさなければならない。薄毛治療においても冷静な情報分析と適切な手段が必要だ。

 自身の毛を再分配することで確実に薄毛を改善できる上、何より自然な仕上がりとなる「自毛植毛」は、周知の通り根本的な薄毛治療ではある。音田氏によれば、その効果を実感できるまでのスケジュールはおおむね半年〜1年ほどだとか。
 スピードが重視される現代において、これを「長い」と感じる方がいるかもしれないが、薄毛治療においては「結果」が最も大切である。
 少なくとも、いま動くことで来年を確実に変えることができるのである。

 

■大切なのは目的。「薄毛かどうか」ではなく「悩んでいるかどうか」

 ここで一つのデータを紹介したい。多くの人は薄毛を加齢によるもの、男性の場合は特に中高年の症状としてイメージしてしまいがちだが、実際の年齢層は幅広い。音田氏のクリニックにおける患者の年齢層は次の通りだという。

【『親和クリニック』顧客年齢分布】 
●20代……27% 
●30代……34% 
●40代……26% 
●50代……10% 
●その他…3%
※「植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本」より

 4人に1人は20代、しかも近年では女性の患者も増加傾向にあるというのだから、現代における「薄毛問題」は、まさに老若男女にとって身近なテーマといえるだろう。若いからまだ大丈夫という甘い考えも禁物だが、「治る時代」に、中年だから仕方ないという諦めも必要ない
 そもそも薄毛に明確な定義は存在しない。誰が何を言おうと気にしない人もいれば、他人からは問題はないように見えるのに、当人は悩みを抱えている場合もあるからだ。

 「コンプレックスを克服したい」
 「恋愛に積極的になりたい」
 「人生の後半戦も前向きな気持ちで過ごしたい」
 「美容のために」

 上記の通り、親和クリニックの患者アンケートによれば、治療の目的は十人十色であるが、人は目標があることで一歩が踏み出せる。薄毛治療は目的ではなく手段であり、自毛植毛は人生への投資とも言えるのではないだろうか。

 

■取り戻すのは「髪」と「人生」

・姿勢がよくなる
・声がはっきりする
・表情が明るくなる

 これらは音田氏が術後のアフターケアで再会した患者に現れる共通した変化だという。いずれも、薄毛改善がもたらす二次的な効果だが、髪の毛と同様に、初対面の印象を良くしてくれる重要な要素でもある。

「髪の悩みは多くの場合、何らかの心理的な痛みを抱えていることが多いものです。だからこそ、薄毛とともに不安が解消されることで、自信が蘇ってくるのでしょう」

 綺麗事を言っても仕方ない。人の印象は見た目で大きく変わる。これは今後も続くことが予想されるリモート時代において、より顕著なメリットになっていくだろう。特に若い方にとっては、早く治療すればするだけ、自信を持って過ごせる人生時間が増える。

「『もっと早く来ればよかった』というのが、アフターケアで来院された患者様から最もよく聞く言葉ですが、実は複雑な気持ちにもなります。例えば40代の患者様であれば、ずいぶんと長い時間、他人の目を気にし、コンプレックスとストレスを抱え、どれだけの費用と時間を費やしてきたのだろう、と。そう考えると、医師としては手放しでは喜べないのです。
 それでも、1年後にアフターケアのために訪れた方の声や表情が治療前と一変して明るく、積極的になっているのを見ると、嬉しさがこみ上げてきます。再会したみなさんの顔は例外なく活力に満ちています。医師冥利に尽きると思える、何事にも代えがたい瞬間です」

あなたはなぜ薄毛を治したいのか。
そのためにはいつ、何を決断すべきなのか。
目標と方法、つまり「戦略」を考えた上で薄毛を解消し、人生を明るく切り拓いていってもらいたい。

 

KEYWORDS:

音田先生が総院長を務める「親和クリニック」
公式HPはこちらから

自毛植毛

『植毛の進化論! 本気で薄毛に向き合う人が読む本』/著◉音田正光

自毛植毛

オススメ記事

音田 正光

おんだ まさみつ

医学博士

医学博士。親和クリニック総院長。医療法人社団三幸音和会理事長。
大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約1 0 数年従事したのち、植毛手術を開 始。最近の1 0年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。 症 例数は100 例超、その後もっぱらFUE手術を行い症例数は約200 例に上る。平成20年、採取に動力パンチを用いたたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった 。
得意な自毛植毛手術はハイスピードメガセッション、SuperDensePackingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形修正術。短時間での大量移植、高密度移植の技術は患者だけではなく国内外の毛髪医療関係者からも絶大な支持を集めている。

この著者の記事一覧