【邪馬台国は南の海の上に浮かんでいた?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

邪馬台国は南の海の上に浮かんでいた?

邪馬台国が九州にあったとする理由 第2回

『魏志』倭人伝を読み解き、「邪馬台国=九州説」を徹底検証する第2回!

『魏志』倭人伝に記されている邪馬台国への道程とは?

『魏志』倭人伝のとおりに道程をたどると、

邪馬台国は南の海に浮かんでいる

 このほか、女王国(邪馬台国)の南に狗奴(くな)国という国があり、女王国と狗奴国とは、仲がよくなかったこと、女王国より北には一大率(いちだいそつ・一人の身分の高い率=リーダー)をおいて諸国を検察させていること、一大率は、伊都(いと)国(糸島半島の福岡県糸島付近か)で政治を行なっていたこと、なども『魏志』倭人伝には記されている。

 魏の時代の距離の単位「1里」は、434mほどであった。魏晋時代のモノサシなどが出土しているが、その1尺は24㎝ほどである。そこから、6尺が1歩、300歩が1里という規定によれば、1里は434mほどとなる。1里を434mほどとすれば、『魏志(魏書)』の「韓伝」に「方四千里」と記されている「韓」(朝鮮半島の国)は、台湾あたりまでぶらさがっていることになる。また、『魏志』倭人伝に記されているとおりに道程をたどると、邪馬台国は九州を通り越して、南の海の上に浮かんでいたことになる。

 このようなことから、琉球大学名誉教授の木村正昭氏の『邪馬台国は沖縄だった!』(第三文明社刊)や、神戸大学名誉教授の内田吟風氏の『邪馬台国=ジャワ・スマトラ説』、加瀬禎子氏の『邪馬台国はフィリピンだ』(月刊ペン社刊)などの見解がでてくることになる。

《邪馬台国が九州にあったとする理由 第3回へつづく》

オススメ記事

安本 美典

やすもと びてん

日本史学者。1934年生まれ。京都大学文学部卒業、産業能率大学助教授を経て、前産業能率大学教授に(2004年退職)。「邪馬台国の会」主宰。文学博士。『季刊邪馬台国』責任編集者。主な著書に『邪馬台国への道』(筑摩書房)、『卑弥呼の謎』(講談社)、『「邪馬台国畿内説」を撃破する!』(宝島社)など多数。


この著者の記事一覧