【函館開催は無観客濃厚も札幌開催からはついにあの歓声が戻る⁉】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

函館開催は無観客濃厚も札幌開催からはついにあの歓声が戻る⁉

一時は開催が危ぶまれた北海道シリーズも函館・札幌の両競馬場でかろうじて開催の方向。だが函館開催では厩舎関係者に厳重な規制がかかるとのこと。厩務員等のストレスが競走馬に伝わらないとよいが…


 月刊誌『競馬最強の法則』で人気を博した「最強の早耳 噂の真相‼」が帰ってきた! 競馬界にまつわる“裏”情報をここにだけ教えよう!


■北海道シリーズは予定通り開催も少頭数レースが増える?

2019.7.14函館記念 1着マイスタイル 2着マイネルファンロン 3着ステイフーリッシュ 写真⦿フォトチェスナット

  

 当初は他場へ振り替えという話もあった北海道シリーズだが、何とか開催にはこぎつけた。しかし、厳しい制限が加わっての開催となる。特に函館開催は今までにない制限が加わるという。スポーツ紙記者は次のように話す。

 「調教師会からの通達で、函館開催で滞在を予定している厩舎関係者には原則として外出禁止が課せられる方向に。生活必需品の購入や少人数の食事のみは許される方向も、門限は20時だし競馬場からの出入りは、厩舎名から氏名、外出先、入退場の時間まで管理される。ここまで厳重に管理されるのであれば、行きたくないとこぼす厩務員も少なくないようだよ」

 とはいえ、競馬が開催されているだけでもありがたいという事実は厩舎関係者なら誰もが分かっていること。

 「当然、これだけ厩舎関係者も厳しく管理されるんで、函館開催は無観客が濃厚となっている。少なくとも6月中の開催に人を入れることはないよね。
北海道内のマスコミ関係者にも、人数制限が加わるのは間違いなく、現在開催されている競馬場同様に、フリーのカメラマンなどには入場できないことが伝えられている。札幌開催からは観客を入れることやフリーのカメラマンも入れることを想定しているようだが、厩舎関係者はすすきのや、夜の街に遊びには行けない可能性も高いよね」

 その頃までにはコロナ騒動も落ち着いていると思うが、函館開催期間に行われるあの大イベントも開催時期をズラすことなく開催する方向だという。

 「函館開催期間(6月13日~7月19日)に予定されているセレクトセールは予定通り開催される方向のようだ。こちらも取材規制が行われる方向になっている。まあ、このセレクトセールで多くの馬を上場する某大手牧場が、このセールの後に従業員へのボーナスを予定していることもあるので、7月の開催にこだわったとか、ならないとか。
オンラインでの入札も考えたようだけど、テストや準備期間もなしに導入するのは難しいという判断があったみたい。セレクトセールなどの開催を勘案すると、北海道シリーズは7月または25日からの札幌開催からが通常運転ということになるのだろう。ただし、裏函(札幌開催中に函館競馬場で調教することの通称)は使えないので、頭数などが揃うのかという懸念はあるよね」

 セレクトセールについては今後またお伝えすることにしよう。とにもかくにも北海道シリーズが開催されるのも間もなくだ。

KEYWORDS:

オススメ記事

競馬最強の法則 編集部

この著者の記事一覧