【源頼朝が上陸したのは猟島ではなく舘山?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

源頼朝が上陸したのは猟島ではなく舘山?

地名で掘り下げる千葉県の歴史 地名でたどる源頼朝伝説②

全国6位の人口を抱える千葉県の奥深い歴史。「地名の由来」シリーズでおなじみ谷川彰英氏の最新刊、『千葉 地名の由来を歩く』から源頼朝伝説の地をたどる。

(2)洲崎神社  館山市

 猟島に上陸したというのが定説になっているが、実は『義経記』ではもっと南の現在館山市に鎮座する洲崎神社の近くに上陸したことになっている。『義経記』ではこう記している。

 

 26日(9月、引用者注)の未明、頼朝は、相模国真鶴﨑[真鶴岬]から舟にのって、三浦[三浦半島]めざして出発した。おりから風がはげしく、船を三浦の岬へよせることができなかったので、28の夕方、安房国(千葉県の南部)の洲ノ崎(館山)というところへ、船を乗り上げた。

 

 この後、頼朝は洲ノ崎を立って、安東、安西を過ぎ、真野の館を出て、小湊へわたり、那古の観音を拝み、雀島の大明神の前に、型のごとくおかぐらを奉納して、竜島へ着いたとされる。

『吾妻鑑』の記述とは逆になるのだが、これは致し方ないところであろう。『吾妻鑑』では10月5日に「洲崎明神に参詣された」となっている。そして、同12日には神田を寄進している。

 

 洲崎神社は安房神社の祭神天太玉命(あめのふとだまのみこと)の第一后神、天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)を祀っている。阿波国から移住してきた忌部氏に深い縁を持った神社である。房総半島の南端の野島岬から相模灘に突き出している岬にあり、まさに海路をたどれば西国からの玄関口に位置している。このあたりになると、千葉県北部とはまったく異なった植生と景観で異国・南国の感が強い。

▲洲崎神社(館山市)

 写真の門をくぐると、百数十段の階段が一直線に伸びており、その上に社殿がある。一般には安房神社が安房国の一宮とされているが、この洲崎神社もまた安房国一宮を唱えている。

▲たどってみた、頼朝伝説由来の地名

 【『千葉 地名の由来を歩く』より構成

KEYWORDS:

オススメ記事

谷川 彰英

たにかわ あきひで

筑波大名誉教授

1945年長野県生まれ。ノンフィクション作家。東京教育大学(現・筑波大学)、同大学院博士課程修了。柳田国男研究で博士(教育学)の学位を取得。筑波大学教授、理事・副学長を歴任するも、退職と同時にノンフィクション作家に転身し、第二の人生を歩む。筑波大学名誉教授。日本地名研究所所長。主な作品に、『京都 地名の由来を歩く』シリーズ(ベスト新書)(他に、江戸・東京、奈良、名古屋、信州編)、 『大阪「駅名」の謎』シリーズ(祥伝社黄金文庫)(他に、京都奈良、東京編)『戦国武将はなぜ その「地名」をつけたのか?』 (朝日新書)などがある。



 



 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

千葉 地名の由来を歩く (ベスト新書)
千葉 地名の由来を歩く (ベスト新書)
  • 谷川 彰英
  • 2016.10.08