糸井重里、太田光、田原総一朗…コロナ禍で錯乱する人たち |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

糸井重里、太田光、田原総一朗…コロナ禍で錯乱する人たち

新型コロナウイルスは総理大臣に忖度しない

新型コロナウイルスは総理大臣に忖度しない。そして現在の日本が3流国家になってしまったという事実を誰の目にも明らかにしてしまった。政府の対応は後手後手で、海外メディアからも叩かれる始末。支持率も急降下中。周辺の熱烈な応援団も泥船から逃げ出した。そこから見えて来たのは「今だけ」「カネだけ」「自分だけ」といった思考停止した連中の利権構造だった。安倍政権の危険性を当初の段階から鋭く指摘してきた作家適菜収氏が新刊『国賊論〜安倍晋三と仲間たち』(KKベストセラーズ)で、その背景をすべて暴く!!

■なにか危機が起これば、バカが可視化される

 新型コロナのような危機があると、バカが可視化される。「国の危機なのだから政権批判をしている場合ではない」「国民は一致団結しろ」と言い出すやつもいるが、「バカな大将、敵より怖い」という言葉もある。非常時だからこそ、まっとうなリーダーにかじ取りをやらせなければならない。

 ネトウヨの美容外科医(75)は国民の一致団結を訴え、「タイタニック号では船長に従いました。人間としての暗黙のルールです。(馬)鹿は明文化しないとルールが守れません。悲しいことです」とツイート。

 そのタイタニック号が沈没し、海の藻屑となったのにね。

 「(馬)鹿」は一体どちらなのか?

 その美容外科医は「非常時にはてんでバラバラはダメです」などとも言っていたが、東日本大震災の津波では「てんでバラバラ」に動いた人たちが生き延びている。「てんでんこ」は日本人が歴史から学び取った貴重な教訓だ。

 糸井重里、太田光、田原総一朗らも同じようなことを言い出した。

 これは危険な動きだ。
憲法の恣意的な解釈、日報隠蔽、データ捏造、公文書改竄……。事実を直視できないどころか捏造する異常な勢力にコロナ対策をやらせようという発想自体がまず理解できない。

 先日、某討論番組で自民党の安藤裕衆院議員が勇気ある内部告発をした。

 《「損失補償、粗利補償を絶対にやらないと、みんな企業潰れますよ」という話をある幹部にしたときに、「これ(新型コロナウイルス)でもたない会社は潰すから」と言うわけですよ。それはないだろうと》

 役所や体力のある大企業と違い、新型コロナの直撃を受けているのは中小企業である。私の家の近所の個人営業の居酒屋も定食屋も喫茶店もどんどん店を閉めている。この先、自殺者も増えていくだろう。

 生きるか死ぬかの瀬戸際にいる困っている人たちに手を差し伸べるどころか、背中を押して地獄に突き落とそうとする。もはや「国賊」と呼ぶしかない。

 

KEYWORDS:

適菜収氏の最新著書『国賊論』は現在、ネット書店で手にいれづらくなっております。こちらで購入が可能です。

 

 【URL】https://bestsellers.official.ec/items/28386342

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本共産党政権奪取の条件
日本共産党政権奪取の条件
  • 収, 適菜
  • 2019.07.08