【スカイマーク・佐山社長に圧倒された。山本昌がグラウンドを離れて出会った偉人<br /><br />】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

スカイマーク・佐山社長に圧倒された。山本昌がグラウンドを離れて出会った偉人

引退して出会った知らなかった世界の人。決断力に驚いた――。

Q.野球界以外のひとで共感や影響を受けた方はいますか?

 スカイマークの佐山展生会長です。

 佐山会長は、これまで数々のM&A(企業の合併や買収)の成立に尽力されてきた方で、今も投資ファンドの会社で代表取締役を務める傍ら、2015年に民事再生手続きを行った航空会社スカイマークを立て直すべく会長に就任した経営者です。

 最初の出会いは、引退してからの雑誌の対談でご一緒させていただいたことです。その時の私が佐山会長に抱いた印象としては、話の引き出しが多くて内容も面白い。そして、「本当に前向きな方だな」と驚かされました。日本経済の第一線でご活躍されている方にもかかわらず、私の話にも真剣に耳を傾けてくれましたし、考え方についても納得してくださったり。そういったところに懐の深さを感じましたね。

 お話しさせていただいて、私が一番参考になったことを挙げるとすれば「決断力の早さ」です。私は専門家ではないので詳しくは分かりませんが、M&Aは早さや先を読む力などが求められるでしょうから、それらを踏まえた的確な決断力はお話を聞いていても非常に勉強になりますね。

 しかも、佐山会長はとても前向きなんです。1分、1秒を争うなか、しかも、その決断が企業の将来を大きく左右すると考えると、普通ならばどうしても決断力が鈍ってしまいそうですが、佐山会長はご自身の能力に加え前向きだからこそ、多くの成果を挙げられてきているのだと思います。

 私は野球の世界しかわかりませんが、ほかの社会での生き方、それもトップとして第一線でご活躍されている方の話を聞くのは勉強になりますし、非常に面白い。私は第二の人生をスタートさせたばかりですが、佐山会長との話には共感できる部分が多く、ますますやる気を出させてもらいました。

KEYWORDS:

オススメ記事

山本 昌

やまもと まさ

1965年8月11日、東京都生まれ。神奈川・日大藤沢高から83年秋のドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。プロ5年目、88年の米国への野球留学をきっかけに飛躍し、同年8月プロ初勝利。以後はスクリューボールを武器に活躍する。93年に最多勝利、最優秀防御率のタイトルを獲得すると、翌94年には連続最多勝利と沢村賞に輝く。97年にも最多勝利。2006年9月16日対阪神戦でプロ野球史上最年長の41歳1カ月でノーヒットノーラン、08年8月4日の巨人戦で史上24人目となる通算200勝を樹立。通算581試合に登板し219勝165敗。


この著者の記事一覧