水道橋博士 「漫才の台本をアップ」「寄席を作る」ネットの新たな可能性 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

水道橋博士 「漫才の台本をアップ」「寄席を作る」ネットの新たな可能性

Q3.ブログにメルマガ。TVにはないネットの魅力とは?

オレはTV界ではメインの位置じゃない、端境集団です!

 

 

 オレは自分でテレビのメインキャラクターだとは思ってないんです。たとえば、たけしさん、さんまさん、タモリさんがテレビのメインキャラクターですよ。それに続いて、ダウンタウンやとんねるずや、ウンナンがいて、ナイナイやら所さんや鶴瓶さんや、バナナマンとか? くりぃむとかさまぁ〜ずとか爆問とか……。

 とにかく、そういう中央じゃなくて、端境のところにいるわけで。でも、このレースに参加していると、何時、そういう先頭集団になるかもわからないのが、この世界で。例えば坂上忍さんなんかは、思わぬところで、テレビ界の序列を一気にごぼう抜きして先頭に立つわけだから。

 今は、ゴールデンのテレビをメインじゃないところで、自分が言いたい事が言えれば良いってほどの位置じゃないですかね。

 でも、今の時代、地上波じゃなくても良いし、もし表現したいこと、主張があれば、例えばポッドキャストとかで配信すればいいし、アメーバ、LINELIVEでもなんでも、今、持とうと思えば、冠番組だって持てるじゃないですか。そういう位置を持続することが大事なんであって、チャンスはいつあるかわからないですよ。

次のページペンは強し。『メルマ旬報』ではオレも毎月10万字以上書いてます!

オススメ記事

水道橋博士

すいどうばしはかせ

1962年岡山県生れ。ビートたけしに憧れ上京するも、進学した明治大学を4日で中退。弟子入り後、浅草フランス座での地獄の住み込み生活を経て、87年に玉袋筋太郎と漫才コンビ・浅草キッドを結成。90年のテレビ朝日『ザ・テレビ演芸』で10週連続勝ち抜き、92年テレビ東京『浅草橋ヤング洋品店』で人気を博す。幅広い見識と行動力は芸能界にとどまらず、守備範囲はスポーツ界・政界・財界にまで及ぶ。芸能人の中でいち早く始めたブログ、ツイッターなどでの情報発信も盛んに行っている。



公式ブログ「博士の悪童日記」:http://blog.livedoor.jp/s_hakase/



ツイッター:https://twitter.com/s_hakase


この著者の記事一覧