古屋兎丸さん。この当時、30代前半。長身痩躯の優しい面立ち、こりゃ作品の世界だけじゃなくて女性ファンも付くよな・・・・。

「兎丸さん。お持ちいただいた原画は、タッチが気になるんですけど?」

「店長さん。これは木の板にロットリングで描いているんです」

古屋兎丸サイン会を終えて、レジカウンターでいつもの集合写真。本文では長身痩躯と書いたが、その時の印象だった

幾たびか、漫画家さんのイベントを手掛けてわかったことがある。彼ら漫画家さんたちは、自分に似せて自画像のようにメインキャラクターを描いているなってこと。深読みすれば、思想でさえも自分の世界で完結してしまう。

イベントを通して数多の才能に触れるうちに気がついた。さらに伸びる才能は、現状に留まらないってことに!

自らを切り開ける才能は、現状に立ち止っていることはないんだな・・・・そうだ、ボクらもそうだった。忙しいという漢字を振り分ければ心を亡くすとなる。『書を捨てよ、町に出よう』ではなく、『書を持って、町に出よう』と、突っ走りつつ、自省すべきと考えさせられた。

「店長。ようやく行列のラストが見えました。95名のお客さんです」

 

「店長。リットーミュージックのハットリさんが、いらっしゃいましたよ」

「あ、タツロクさん。折角、休日のところを来ていただいているのにすいません!

とにかくハヤカワ文庫の『U-571』を読んじゃって、映画の『U-571』を観るか。映画を観てから文庫を読むかですね」

「店長がそう言うなら、いま文庫を買って映画はこれから観に行きますよ!」

「新宿文化シネマですよ! 

はい、レジお願いします。タツロクさん、文庫のお買い上げ」

「ハットリちゃん! 先日は清志郎さんの握手会助っ人、ありがとうございました」

「はい! こちらこそ、楽しませてもらいましたもん。日頃から、りえさんや皆さんに愚痴を聞いてもらっている恩返しです!

ところで、先日ご案内した新刊の『THE BEATLES アンソロジー』の件ですけど」

店内の一等地といえる場所で、展示販売したのがコレ。ROCKな本屋ならではだが、いまだに色褪せることのないベストな写真集

「考えてありますよ!

音楽棚のエンド台、平台に全面展開で行きましょうよ。見本誌は、中を開いて展示するってのはどうかな?!」

「え! そこまで、やってもらえるんですか?」

「だってさ、ビートルズ世代っていったらボクみたいなオヤジ世代でしょ。文庫センターじゃ多くないから、販促先のメインは音楽業界の関係者だよね。

展開期間中は、ビートルズのCDをかけまくりで煽っちゃうから!」

「本体価格6800円と高いので、ホントに助かります。店長も、買ってくれるんですよね?!」

「12月のボーナスがどうなるか・・・・いや、買いますよ!」

 

「え! 矢沢永吉?!」

「ん? 矢沢の永ちゃんのこと!」

さすがロックンローラー。内山くん、ガンガン突っ込んで来るよな!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
*本連載は、毎週木曜日に更新予定です。お楽しみに!【バックナンバー
*本連載に関するご意見・ご要望は「kkbest.books■gmail.com」までお送りください(■を@に変えてください)