新型コロナで大打撃を受ける ~カネ儲け主義の歯医者たち~ | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

新型コロナで大打撃を受ける ~カネ儲け主義の歯医者たち~

【第2回】斎藤先生がこっそり教える 歯医者のホント~「歯科の駆け込み寺」~

歯医者にまつわる疑問や裏話を、歯科患者の「最後の駆け込み寺」として知られる斎藤正人歯科医師がこっそり教えます! 毎週金曜日更新!

■「リコール」主体経営のツケ

「世界史的に見ても、パンデミックは戦争です。もちろん、1953年生まれの私には戦争の体験はありませんが、まさにいま、戦時下にあるのだと思います。この戦時下に歯医者に通う人はどれくらい、いるのでしょうか」

 

 歯科医療界のご意見番、斎藤正人歯科医師は、新型コロナウイルスが業界に与える影響は甚大だと指摘する。

「わたしのところも予約のキャンセルはありますが、ほとんどは遠方からの患者さんで、数はそれほど多くない。しかし、商売っ気たっぷりに、手広くやっているところは、キャンセルが相次いでいる。そうした歯科医院では、すべてがどうしても必要な治療をしているわけではない。というよりも、必要ではない治療のほうが多いくらい。患者さんの側も戦時下なのに、爆弾が落ちてくるかもしれない場所にわざわざ足を踏み入れたくはない。すぐに診てもらわなくてもかまわないのなら、今回はパスしておこうということになるわけです」

 どうしてもいまでなければならないという歯科の治療は、医科に比べてそれほど多くはない。緊急性がなければ、この状況下では、あとまわしになるのは当然。歯科医院はリスクを背負ってまで訪れる場所ではないというのだ。

「特にリコールに力を入れている歯科医院には大打撃になっている」と斎藤歯科医師は話す。

 製品や自動車のリコールは、不具合があった場合に回収して無料で修理することだが、歯科のそれは意味が違う。口腔内の定期健診やメンテナンスに来るように、ハガキや電話で患者に連絡することを、歯科ではリコールと呼ぶ。歯科医院によってその間隔はまちまちだが、3ヵ月ごとというパターンがもっとも多い。

 好意的にとらえれば、その歯科医院がアフターケアをしっかりやっているということになる。しかし、あからさまに言ってしまえば、それは歯科医院の営業戦略であり、儲ける手段である。歯科医療コンサルタントが売上を伸ばしたい院長に勧めるのが、このリコールなのだ。「リコールを増やしなさい」や「リコール率を上げなさい」はコンサルタントの決まり文句。なお、リコール率とは、はがきや電話で定期健診を促された患者が実際に歯科医院に来る割合だ。

次のページ歯科衛生士に丸投げ?

KEYWORDS:

『歯医者のホントの話』 斎藤正人/田中幾太郎

WEBサイト「BEST TiMES」で大反響を呼んだ本連載が電子書籍化しました! 連載に大幅加筆し、歯科医業界が抱える問題を、斎藤先生が一刀両断。あなたの歯医者選びが変わるかもしれない1冊です。ぜひ、ご一読を!

オススメ記事

斎藤 正人

さいとう まさと

サイトウ歯科医院

院長

1953年東京都生まれ。神奈川歯科大学大学院卒。極力、歯を抜かずに残す治療を心がけ、「抜かない歯医者」を標榜する。一昨年9月『この歯医者がヤバい』(幻冬舎新書)を上梓。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

慶應幼稚舎の秘密 (ベスト新書)
慶應幼稚舎の秘密 (ベスト新書)
  • 幾太郎, 田中
  • 2019.04.22
この歯医者がヤバい (幻冬舎新書)
この歯医者がヤバい (幻冬舎新書)
  • 斎藤 正人
  • 2014.09.27
やってはいけない歯科治療 (小学館新書)
やってはいけない歯科治療 (小学館新書)
  • 倫彦, 岩澤
  • 2018.05.30