21年前の3月3日、歴史的なシングルCDが発売された。速水けんたろう・茂森あゆみによる「だんご3兄弟」だ。

「おかあさんといっしょ」(NHKEテレ)のオリジナルとして作られ、この年の「1月の歌」として放送されると、一気に火がつき、シングルリリースが決定。レコード会社は初回出荷80万枚という異例の対応を見せたが、売れ行きはそれをはるかに上回るものだった。

 オリコンでは初登場から3週連続でトップを獲得。最終的に約292万枚を売り上げ、この時点で歴代3位のヒット曲となる。1位の「およげ!たいやきくん」(子門真人)と「女のみち」(宮史郎とぴんからトリオ)はともに昭和の曲だから、平成で最も売れたシングルというわけだ。

 うたのおにいさん・おねえさんとしてこの曲にめぐりあった速水と茂森は、3月で番組を卒業したものの、一躍、時の人に。暮れの「NHK紅白歌合戦」にも出場した。

 が、その12年後、これはいわくつきの曲になってしまう。11年7月、速水が車を運転中に78歳の女性を轢き、この女性が死亡したのだ。下された判決は執行猶予つきだったが、速水は自らの意志で謹慎。ムード歌謡やアニソンの歌手を経て、紅白出場を果たした苦労人は、天国から地獄を味わったのである。

「だんご3兄弟」自体は後輩のおにいさん・おねえさんたちによって「おかあさんといっしょ」などで歌い継がれていったものの、暗いイメージがついてしまったことは否めない。

 その4ヶ月前には、別の大ヒット曲もいわくつきになっていた。00年1月に発売され、約294万枚を売り上げた「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)だ。「ウンナンのホントコ!」(TBS系)の企画「未来日記III」のテーマとして親しまれ、歴代3位、平成最高の座を「だんご3兄弟」から奪った。

 暮れには、日本レコード大賞を獲得。「やっとひばりさんの背中が見えました」と語った桑田佳祐にとって、音楽人生の絶頂ともいうべき瞬間だった。

 しかし、11年3月に起きた東日本大震災によって、この曲の運命は反転する。1万数千人もの命を奪った津波を連想させるとして、テレビでもラジオでもほとんど流れなくなってしまった。サザンがライブで演奏したのも、震災前の08年が最後だ。

 18年にはサザンのベストアルバムに収録され、ライブでの解禁を望む声も出たが、桑田は、

「ライブで歌わないということも、何かのメッセージになるんじゃないかと、実は思っていたんですけどね。サザンとしては、スタッフも含めて、東北のことを忘れないし、まだ震災は終わっていませんから」

 と、ラジオでコメントした。

次のページ もうひとつ、いわくつきになった大ヒット曲がある