野村克也氏の突然の訃報に、野球ファンのみならず悲しみの声が絶えない。死因は2年前に急逝した沙知代夫人と同じく、心臓に血液が行き渡らず動かなくなる「虚血性心不全」であった。
かように心臓病は「突然死」のイメージが強いが、心臓血管研究所・所長の山下武志氏によるとそれは事実と異なっている。日本一わかりやすく基礎知識を解説したという氏の著書『心臓・血管の病気にならない本』(KKベストセラーズ・2/27刊)から見てみよう。

■心臓病=突然死ではなく、心臓病=慢性病

あなたは心臓や血管の病気と聞くと、どういうものを想像されるでしょうか?
あるとき「うっ」と急に胸が苦しくなったり、急激な頭痛に襲われたりして倒れてしまい、それっきり。そんなイメージの方が大半なのではないでしょうか。いわゆる「突然死」です。

 しかし現代では、心臓・血管の病気によって突然死するケースは多くありません。もちろん、残念なことに突然死する方もゼロではありませんが、そういう方は医療の進歩によってどんどん減っています。だからこそ、未曽有の超高齢化社会が訪れているのです。

 現代における心臓・血管の病気の正しいイメージは、徐々に悪化していく「慢性病」です。その点では、がんにとてもよく似ています。ところが不思議なことに、がんと心血管疾患のイメージはまったく違います。どういうわけか、心血管疾患だけに突然死のイメージがついてしまっているのです。

 まずは、心血管疾患=突然死、というイメージを捨てることからはじめましょう。心血管疾患は、ご自身で管理し、付き合っていくべき慢性病なのです。

 ただし、心血管疾患とがんとの間には、大きな違いもひとつあります。それは、心血管疾患は観察しやすく、予防も治療も比較的簡単だということです。心血管疾患を正しく理解すれば、正しく恐れ、正しく予防することができます。

 

■命を奪うのは「血栓」

 読者の皆さんにとって、もっとも関心があるのは、命に係わる事態を防ぐことでしょう。

 まず知っておいて頂きたいのは、「心臓病=死」のイメージもまた間違っているということです。きちんと治療した心血管疾患が死につながるケースは決して多くありません。

 ですが、心血管疾患で亡くなっている方がいることも事実ですから、まずは命との関係から解説しましょう。

 無数にある心血管疾患ですが、もし命に直接係わる事態が生じるとしたら、その原因はおそらく「血栓(けっせん)」です。

 血栓とは読んで字のごとく「血の栓」であり、血管の内部にできる血の塊です。血栓ができると血流が妨げられてしまうため、臓器への血流が足りなくなり、そのことによって致命的な事態が引き起こされるということです。たとえば脳の重要な血管に血栓が詰まると脳梗塞を、心臓の重要な血管に血栓が詰まると心筋梗塞を引き起こします。

 したがって、極論ですが、「血栓の形成さえ防げれば、心血管疾患で命を落とすリスクは激減する」ともいえます。

 では、血栓はどのように作られるのでしょうか?

次のページ 血栓のできかたこそが心臓病=慢性病の理由