スマホからため息が聞こえる。多重債務者の苦しみは一つ、それは「金のない悲劇」。世の中は金だ。借金が逃げられない借金を生む———2010年6月の改正貸金業法(上限金利引き下げ・融資は年収の3分の1の総量規制)以来、減少した多重債務者が19年、120万人と再び増加へと転じた。特にスマホ決済キャッシュレス化時代で20代の若者の無担保ローンが増えている(日本信用情報機構調べ)。今回、「借金」の現場に立ち会う二つの異なる立場の論客を迎え対談。「街金」業者で書籍『ぼく、街金やってます』の著者テツクルさん。もう一方は、債務者の相談・整理・交渉をする司法書士・杉山一穂(司法書士法人杉山事務所、代表社員)さん。ともに幾多の債務者を相手に、まったく違った角度で接してきたお二人に今回は、借金を重ねる多重債務者のメンタルを分析しながら「本当に返済するつもりはあるのか」について突っ込んでみた。
(写真左)「街金」経営者テツクル氏(写真右)「司法書士法人杉山事務所」代表司法書士杉山一穂氏
【テツクル氏(以下、「テツクル」と表記)】・・・20代より金融業に携わる。福岡と東京で修行し、現在、池袋で金融業(街金)を経営。この道20年を超えるベテランで自分が金融業に入るきっかけを書いた自叙伝『ぼくと街金』(note)が好評を博す。『ぼく、街金やってます: 悲しくもおかしい多重債務者の現実』の著者
【杉山一穂先生(以下、「杉山」と表記)】・・・全国8カ所の事務所で多重債務者から月に3000件以上の相談を受ける。消費者金融の過払金請求やカードローンなどの多重債務整理で実績を上げ、『週刊ダイヤモンド』誌から「消費者金融が恐れる司法書士事務所」として、過払金回収額全国1位に選ばれた実績を持つ

◆「ご利用は計画的に」は真理です

———前回の対談で、テツクルさんが「20数年にわたる街金業でわかった法則」についてのところで終わりましたが、その法則、教えていただけますか?

テツクル「法則というほど仰々しいものではなく私の経験に基づく査定項目でですが、こちらがその項目になります。読者の皆さんも、ちょっとチェックしてみてください」

【借金地獄チェックリスト】
□自宅の片付けが苦手、物を捨てることができない
□物欲が抑えられず、クレカの引き落とし日に慌てる
□とっさの噓が得意
□問題が発生したら、とりあえず解決するよりも逃げる
□何かあると他人のせいにすることが多い
□どちらかというと楽観的
□貯金箱に小銭がパンパンに入っている
□計画を立てるのが苦手
□急いで字を書くクセがあって、字が汚い
□運転免許証の再発行を何度かしている
□うっかりお金の支払いを忘れてしまうことがある
□どんなに貧乏をしても家は守りたい
□自分の周りにはいい人が多いと思う
□細かい作業や文章を読むことは好きではない
□どちらかといえば思い込みが激しい

テツクル「で、上記項目にいくつ当てはまったでしょうか? 解説します」

■0個の人
街金地獄に落ちる可能性はほとんどありません。安心して借りに来てください。ていうか、借金は必要ないでしょ、本当は?
■1〜5個の人
たぶん大丈夫だと思いますが、何かのきっかけで地獄行きかも。返済にはよくよく注意してください。
■6〜10個の人
かなり危険です。お金を借りたら担保はなくなるものと思った方がいいレベルです。ぼくは構いませんけど、とりあえずその覚悟でお願いします。
■11個以上の人
あなたにおすすめするのは、借金ではなくて自己破産です。それでもお金を借りたいというのであれば、お待ちしています。ぼくにはあなたの1年後が見えていますけど……。あ、担保を忘れずにね。

テツクル「割と当たったりします。期日に返済できない多重債務者は、約束が守れず、計画が立てられないんです。消費者金融のCMではないですが、『ご利用は計画的に』というキャッチコピーは的を射た注意文ですが、借金する人への心得としては真理ですね」

杉山「テツクルさんにお金を借りに来る人は多重債務者が多いということですが、実際、しっかり完済を計画して借金する方と、あるいは無計画に借金する方とどちらが多いのでしょうか?」

テツクル借りに来る時点で飛んでしまおうとか、返すつもりがないって方は正直少ないと思うんですよ。ただ借りる目的が他社の利息の支払いだとか、事業者だったら従業員への給与支払いだとか、自転車操業の方が多いです。実際ぼくのお客さんの半数はマトモには返ってこないですね

———多重債務者の相談を行っている杉山先生のところにくる方も完済する方は半数程度なんでしょうか?

杉山「実際、金融機関から借りている金利がどれくらいで、どれくらい元本を払えているのかをお話をうかがってから判断していますが、新聞の報道にもあるように、現場レベルでも昨年から多重債務者は再び増えています。自力で完済できれば、相談に来ないという前提はありますが、以前は、もっと金利が高くても完済する方が結構いました。世代が違うと言われればそれまでですが、『借りたものは返す』という前提があって20〜30年取引して完済した人って結構いたのですが、最近の傾向は、短期間で『返せません』というような相談者が増えてきました」

———テツクルさんのところに弁護士さんや司法書士さんから債務整理の相談はあったりするんですか? 

テツクル「うちの大半は担保を取っての融資になっているので弁護士さんや司法書士さんが入って自己破産して債務整理するっていうのは減ったんです。中には2週間で弁護士さんが入ったりとかという方もいました」

———ちなみに借金してすぐに「返せません!」っていう人はいますか?

杉山闇金の激しい取り立てが不法原因給付(民法・第708条)に該当し、それを逆手にとって闇金から借り倒してから、相談に来る強者もいますが、中には、明らかに『返す気がない』という人もいます。しかし、どんな債務状況の人が依頼に来たとしても、まずに照らして、その範囲内での対処しかできません。消費者金融は適正な利息制限法の範囲内での融資なので、そうなると、私たちができる手続きは法の範囲での適正な処置になります。まずは、『借りたものは返す』という当たり前の努力が債務者には必要です。債権者である金融会社も法の下に商売で貸しています。債務者の責任を都合よく忘れてはいけません」

次のページ 多重債務者の借金返済は可能なのか?