“結婚をしてもしなくても、どちらでも心健やかに生きていけるコツ”を綴った『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』の著者・小林久乃さん。今回は特別に著書の中で、好評を得ている『あかん男』というコラムを抜粋して『BEST TIMES』で数回に渡って紹介していく。さて、その『あかん男』とは? 独特の人間観察視点を持つ小林さんが、ライターという職業柄や数多くの婚活体験を通して出会ってきた「……なんかこの人、おかしくない?」という癖、習性を持った男性たちのこと。さらに同じケースの『あかん男』を何人か集計、性格の動向を見出した分析結果のことを書籍に掲載したところ、大人気。ぜひこの機会に読んで身を振り返って欲しい。ひょっとして、あなたの周りにも『あかん男』が潜んでいるかもしれない……?
『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』より引用)

 例えば借金がある、DV癖がある、浮気をする、実は前科があるなどの訳あり物件の男性を『クズ男』と総称するとしよう。でも中には表面的に分かりづらいけれど、そのクズに到達していないけれど、人間としての危険性をはらんでいる男がいる。その本性がほんのちょっとした言動や風貌で「(……この男、なんかおかしくないか?)」と、第六感を刺激してくる男を何人か見てきた。

 そういった男を総称して個人的に『あかん男』と呼んでいる。中でも、その言動が分かりやすかった数名のエピソードをランダムに紹介していきたい。

 未然に男性災害を防ぐための、防御策をどうぞ。

 

“あかん男”たち④

【初対面で慣れ慣れしい男】
▼怪しい▼

 初対面の男性があまりにも慣れ慣れしいと、怪しい。尚且つそういう人種の中に金にだらしない人間がいた、という話をしたい。

 

 32歳のときに、女性の幼なじみが結婚することになった。つき合ってから結婚までのスパンが短かったので、周囲には心配されていたけれど私は旅立ちを祝福していた。

 そして彼女の住むマンションで、初めて彼に会ったときのこと。彼女が作る料理を楽しんで、酒も入ってきた頃に突如、

「姐さん」

 と、彼から呼ばれた。キャラクターもあるからこの呼ばれ方も仕方ない。でも、縁もゆかりもない、ましてや初対面の人間から呼ばれると若干、イラっとする。これは女性なら誰でもそうだろう。

「俺、仕事が面白くないんですよ。いいなあ、フリーランスって。なんか面白い仕事を回してくださいよ」

 そうも言われた。彼はデザイナーの仕事をしていたけれど、いわゆるクリエイティブをあきらめて、商業デザイナーの会社員として勤務しているという。

「……?」

 なぜか心にしこりが残った。特に彼の見た目の問題ではない。

「(あいつ、おかしい。何かある、何か……)」

 人には第六感がある。この時は幼なじみのために、私のアンテナが発動していた。でも当時まだ何かと経験不足の身分で、その不信感を表現できる力量もない。彼女に伝えたところで、結婚の先を越された腹いせだと誤解をされるだけだ。うまく説明する自信がなかった。そしてふたりは、そのまま流れるように結婚してしまった。