【「2019年、一番心をさらわれたドラマには“ワケあり”が表現されていました」】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「2019年、一番心をさらわれたドラマには“ワケあり”が表現されていました」

今宵、どんなドラマを描こう 第11回

ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなどの肩書きを持つ筆者・小林久乃。本人が「幼少期からドラマオタクだ」と豪語するほど愛するテレビドラマの見どころについて語る連載、今回は特別企画。2019年で彼女が「面白かった」と推す、ベスト5作品。第5~3位はこちら。さて、第1位の座に輝くのは?

※筆者個人の主観による選出ですので、各テレビ局等は関係ありません。 

2位 フルーツ宅配便

主演・濱田岳 2019年1~3月放送 テレビ東京

<あらすじ>

“東京の仕事を辞めて、地元に戻った咲田真一(濱田)。知人のミスジ(松尾スズキ)に誘われてデリバリーヘルス『フルーツ宅配便』の店長見習いとして勤務することになる。ヘルス嬢たち、そして客も含めた全員がワケありというハードな環境で咲田は何を掴むのか。”

 テレ東が制作する深夜ドラマのファンである。オーソドックスな作品もあるけれど、こんな表現規制が厳しくなってきた時代に、ぶっ込んだテーマを取り扱うことが多い。『フルーツ宅配便』もそのひとつだ。舞台は、まさかのデリヘル。もうその勇気だけでも称えたくなる。

 毎回ゲスト役の抱えたものが多すぎて、まるで『ノンフィクション』(フジテレビ系)を見ているかのような錯覚に陥った。客にはクレーマー、真面目さゆえにデリヘル嬢に恋してしまう老人。覚醒剤をやめて、息子のために働いていたのに交通事故を起こして借金苦、またクスリに手を出してしまうデリヘル嬢。私たちの日常にはない世界だからこそ、物悲しさも教えてくれた。

「私がさ、なんかどっかで努力していたら、人生変わっていたのかな。人生って努力でどうにかなるものなのかな」

 そんな内容に一滴のオアシスになっていたのが主演の濱田岳さん。彼という中和剤がなかったら、このドラマは重すぎて観ることができなかったかもしれない。松尾スズキさんの風俗業なのに、軽さを見せつけてくる存在もお見事。さすがのキャスティング力も合わせて、やっぱりテレ東の深夜ドラマは最高だ。これからも日本の倫理ギリギリのところに向かって行ってほしい。

KEYWORDS:

本連載、著者の小林久乃さん初の著書

好評発売中

『結婚してもしなくても うるわしきかな人生』

小林久乃・著

 

未婚・既婚にこだわる時代はもう終わり!

現代を生きる私たちが、

清く?正しく?色っぽく?

生きていくために必要なこと。

現代女性に捧げる!(新)読本!

義務教育に就職と集団活動を強いられてきた私たちの前に立ちはだかった人生の最終関門が“結婚”。出会って、付き合って、結婚して、と順番を考えていくと少なくとも3年近くはかかるビッグプランだ。「そんな難題をクリアできるのだろうか」と不安を抱えながら、婚活に乗り出したが…。

 

オススメ記事

小林 久乃

こばやしひさの

ライター/編集者/クリエイティブディレクター/撮影コーディネーター

地元タウン誌から始まり、女性誌、情報誌の編集部員を経てフリーランスへ。エンタメやカルチャー分野に強く、ウエブや雑誌媒体にて連載記事も持つ。企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊を超え、中には10万部を超えるベストセラーも。静岡県浜松市出身、正々堂々の独身。著書『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ)が好評発売中  

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

結婚してもしなくてもうるわしきかな人生
結婚してもしなくてもうるわしきかな人生
  • 小林 久乃
  • 2019.11.30