元祖リバータリアンであるアイン・ランド研究の日本の第一人者として知られる藤森かよこ氏(福山市立大学名誉教授)が上梓した『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』(KKベストセラーズ)がベストセラーに。現代女性のために本音で語った「生き方論」である。著者・藤森氏は今回、最近隆盛の毒親漫画に見られる性的虐待などの「毒親問題」について考察した。そこから見えてくるのは、古代から変わらぬ「人間の本性」であり、「家庭や家族」という密室空間における危険性であった……。

◆実際は世界はいい方向に進んでいるけれども・・・

 暗いニュースばかりが報道され、世界はどんどん劣化衰退しているように見える。しかし、実際のところは犯罪も貧困も減っている。自然災害による死亡者の数も減っている。女性が教育を受ける機会も増えている。つまり、世界は良い方向に着実に進んでいる。

 ということを私に教えてくれたのは、公衆衛生医学者のハンス・ロンダリングと彼の息子夫妻の共著『FACTFULLNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(上杉周作・関美和訳、日経BP社、2019)だった。

 2020年初頭現在、親による虐待やネグレクトによって亡くなる子どもたちに関する報道は珍しいものではなくなってしまっている。だから、私たちは、現代の家庭の機能不全化は深刻度を増していると思ってしまう。その原因は、現代という「病んだ時代」にあると思ってしまう。

 ほんとうのところは、家庭の機能不全や子ども虐待が問題になるぐらいに社会が進化したので、報道もされるようになった。報道されることによって、多くの人々が子どもの泣き声を耳にすると、近隣で子ども虐待が起きているのかもしれないと気にかけるようになり、結果として子ども虐待の報告数が増えている。

 だから、子ども虐待が報道され多くの人々が意識するようになったことは、大きく見ればいいことなのだ。