実は最多得票はコムギだった。しかし、コムギには部長をやりたくない理由があった。

 コムギは中学2年のときに全日本吹奏楽コンクール・中学校の部に出場している。しかし、自分が部長で迎えた中3の年には全国大会出場を逃し、責任感に苛まれた。その苦い記憶は小松市立に来ても消えることはなかった。

 みんなからは「明るく、元気なタイプ」と思われているが、内面はネガティブ。小松市立でも率先して「今年こそ全国大会に行くよ!」と言いながら、誰よりも「もしかしたら、やっぱ全国は行けないかも。行けなかったらどうしよ……」とクヨクヨ考えていた。その根っこにあるのが中3のときの経験だった。

「もう部長はできん……」

 そう思ったコムギは安嶋先生に自分の気持ちを伝え、木管パートのリーダーである木管トレーナーになった。

 そして、コムギの代わりに部長に選出されたのがマユだった。

 マユは中学時代にコムギのように強豪中学校にいたわけではなかったが、ユーフォニアムの腕前は抜群で、高1から先輩を追い抜いてトップ奏者を任されるほどだった。

 2019年の小松市立の自由曲はベルト・アッペルモント作曲の《ブリュッセル・レクイエム》。安嶋先生がこの曲を選んだのは、マユというエースプレイヤーの存在も大きかった。曲の中盤にユーフォニアムの印象的なソリやデュエット、終盤には猛烈な速さのパッセージといった見せ場があるためだ。

 部長就任を打診されたマユはこう即答した。

「私は吹奏楽をやるためにここへ来たので、部長をやらせてもらいます!」

 何事も妥協しないで全力でやるのがマユのモットーだった。だから、部長という難しい役割も全力でやろうと思った。

 コムギもマユを「笑顔が素敵で、プレイヤーとしても尊敬できる人」と信頼していた。

 ところが、新年度を迎える前に、早くも部内に亀裂が走ったのだった。

続きは近日公開。