世界で一番、若くて素敵なおばあちゃんに学んだ<br />【自分だけの生き方】と、その見つけかた |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

世界で一番、若くて素敵なおばあちゃんに学んだ
【自分だけの生き方】と、その見つけかた

ヨガトラベラー・土屋愛が世界から発信するウェルネスやスピリチュアル、そして人生のこと③

タイのエコリゾートで出会ったのは30代で孫を持つ素敵な“おばあちゃん”プロイ・イッサラさん。なぜ彼女はこんなにも素敵なのだろう…。「自分らしい人生」を歩み続ける彼女からの学びについて、ヨガトラベラー土屋愛が書きました。

■世界で一番、若くて素敵なおばあちゃん

 みなさん、明けましておめでとうございます! ヨガトラベラーの土屋愛です。新年早々、いきなりですが…みなさんにお聞きしたい事があります。

「自分に合った生き方してますか?」

 タイ・チェンマイにあるマラダーラというエコリゾート。そのオーナーであるプロイ・イッサラさんは、なんと39歳にしてもうすぐ3歳になる孫を持つおばあちゃん
 滞在中、彼女が歩んできた人生を聞かせてもらった時に「自分だけの生き方」を見つけるヒントを頂きました。今回はその学びを皆さんとシェアしたいと思います。


 タイの田舎で育ったプロイさんは、家業である農業の手伝いをしながら育ちました。果物を収穫して販売する手伝いをし、1日100バーツほど(約360円)の収入を得ながら生活していたそうです。高校に進学するも学校に馴染めず中退、17歳で出産。シングルマザーとして娘を育てる為にバンコクで様々な仕事に就きます。

 そして7年前の2012年、10年後に自分がどうなっていたいのかを考え直し、わずかなお金で土地を買い、自分が住む家と食べるお米を作り始める決意をしました。
 市街地から車で50分かかる、周りに何も無い土地でした。

 砂・粘土・ワラなどの有機素材を用いた地球に優しい「アドベ建築」を学び、少ない作業員と共に、朝から晩まで泥だらけになりながら作業をしたそうです。一つ一つ丁寧に決めたデザインや内装も徐々に形となっていき…建築作業と同時進行で無農薬の米栽培に精を出していたプロイさんの生き方、ビジョンに賛同した出資者も現れ、今のエコリゾート建設に至ったそうです。

 でも、一見完璧に見えるマラダーラの建築も、本人曰く「まだ完成していないの」だそう。

■諦める理由を探さない

 最初は自分と家族の為だけだった「自然との暮らし」も、今では世界中から年間1,000人以上の滞在者が訪れるようになったマラダーラ。
 無農薬のお米はもちろん、果物・きのこ・野菜も自ら育て、自家菜園した30種類以上のハーブと共に調理し、宿泊者に振舞います。

 何もなかった更地から大人気のエコリゾートを築き上げた彼女、その原動力の源を尋ねてみると、こんな言葉が返ってきました。

「私には、何の力も無い。最初はただ、自分が食べるお米を作りたかっただけ。だけど、7年前になりたい自分になると決めた。迷ったり、分からなくなった時は『これって本当の私なの?』と問いかける。一人で自然の中に行く。携帯や家族、友達から一度離れてみる。そしたら、自ずと向かいたい道が見えてくるはずよ」

 彼女の言葉は、シンプルだけど私に大きなインパクトを与えてくれました。どんなに強い彼女でも、なりたい自分になる為の最初の一歩を諦める理由は山ほどあったはずだからです。だって…

幼い娘を抱えたシングルマザーだから。
田舎でやっていける保証などないから。

 考え出したらキリのない悩み事や恐怖心に負けなかったからこそ訪れた、違う未来。
 私たちは、どうしても大きな木を育てる為に種を蒔いてしまいがちです。多くの人は、成功が先に待っていると確信出来なかったら、種すら蒔かないかもしれません。
 プロイさんの話を聞きながら、本当の成功への道は、小さな芽を毎日丁寧に手入れする事なのかもしれないと思いました。
 

 

次のページあなたの「好き」はなんですか?

KEYWORDS:

YouTube やってます!
チャンネル登録お願いします!

 

オススメ記事