「ザ!世界仰天ニュース」という番組がある。メイン企画のひとつがダイエットで、ビフォーアフターの紹介が人気だ。その一方で、摂食障害についてもたびたび扱ってきた。

 12月3日の放送では、プロボウラー・安藤瞳が味わった制限型の拒食(と、その後の過食)経験が語られ、小学校4年の女子が2~3歳児並みの12キロまで痩せたエピソードなどが衝撃をもたらした。が、それとは別の理由で、ネットはざわついたものだ。スタジオゲストのひとりがスレンダー芸能人の代表格・桐谷美玲だったため「美玲ちゃんは拒食症じゃないの?」「コメント動揺してるように見えた」「こんな回に出して大丈夫?」といった声がツイッターで飛び交った。

 ちなみに、前出の安藤は38キロまで増量して小学校を卒業したが、そのときの写真でもまだ細い印象だ。一方、桐谷は現在、39キロだといわれる。身長(164センチ)はそのときの安藤より間違いなく10センチ以上高い。

 スタジオトークでは、司会の中居正広からダイエット経験をめぐる質問が向けられ「ないでしょ」「ないですね」「あんまり食べない?」「食べます!」というやりとりが。そして「体質?」と振られると、彼女の口からこんな言葉が出たのである。

「そうなんです。わりと、垂れ流し系なんで(笑)」

 食べても身につかないことを冗談めかして語ったわけだが、ちょっと気の毒にも感じた。というのも彼女は結婚後、仕事をセーブしていて、テレビ出演は貴重なものになっている。そういう機会にこれまで何百何千回とされてきただろう質問を受け、ちょっと自虐的に笑いへと変えるのは、けっこう憂鬱なのではと思うからだ。

 とはいえ、ここで大真面目に答えるだけだと、嫌味になったりもする。スレンダー芸能人のつらいところだ。

 そういえば、同じくスレンダー系の芸能人で、桐谷とも仲のいい河北麻友子はデヴィ夫人にその細さを揶揄されたことがある。一昨年「イッテQ」のロケ企画で「栄養失調の足みたい」「爪楊枝」「ぺチャパイ」などと面と向かって言われ、それが全国に放送されてしまった。

 ただし、夫人は河北について「最高の秘書。麻友子ちゃんがいたら誰もいらない」とその機転や手配りを絶賛してもいるので、悪意はないともいえるが、今の世の中では、太った人より痩せた人のほうがその体型をいじられやすかったりする。「デブ」とは言わないほうがいいけど「ガリガリ」なら言っても構わない、みたいなところがあるのだ。

 そういう意味でも、彼女たちは意外と大変なのである。