■結婚できた男・阿部寛と結婚しない女・沢口靖子の熱愛トラウマ

 阿部寛と沢口靖子。31年前、熱愛を報じられたふたりだ。両者は88年夏「24時間テレビ 愛は地球を救う」内で放送されたスペシャルドラマ「二十歳 もっと生きたい」で知り合った。主役の沢口は23歳で、前年12月に役者デビューしたばかりの阿部は24歳。当時のことを、阿部自身が著書「アベちゃんの悲劇」(98年)でこう振り返っている。

「僕は役柄で恋人同士ということもあり、徐々にその女優さんに惹かれていった。『可愛いな。明るくて、性格がよくて、人間的にも魅力的だし』と、この世界に入って初めて〝女優さん〟に好意を抱いた。(略)毎日、現場に行くのが楽しく、仲のいいヘア・メイクの人たちに、モデル時代のノリで、オープンに『付き合ってみたいな』なんて話をしたりしていた」

 ちなみに、この本は「いい男」として世に出た阿部がそのつらさをせつせつと語る内容。「この『いい男はいいよなー』という言葉は1000回以上聞かされた。『そんなんで、俺をかたづけんなよ』『人間として真正面から扱えよ』といつも心の中で叫んでた」などという「いい男」以外にはわからない本音が綴られている。筆者の知る限り「いい男」のつらさをここまで臆面もなくネタにした芸能人は他にチュートリアルの徳井義実くらいだ。

 それはさておき「いい男」に生まれたおかげで沢口とも出会えた阿部は、こんな行動に出る。

「ちょうど花火のシーズンだった。その日の仕事が終わり、一段落したところで僕はスタッフやマネージャーたちのいる前でその女優さんに『今度花火見に行かないか』と声をかけた。モデル時代、仕事が終わった後よくみんなで遊びに行ったから、そういう気軽なノリで誘ったつもりだったが、その人は監督、プロデューサー、マネージャー、大勢の人にガードされた有名な女優。(略)2~3日後、もうそれはマスコミの知るところとなり、僕は大切な人気女優をナンパしようとした、札つきのプレイボーイという記事がスポーツ紙にデカデカと載った」

 これを機に、さまざまなメディアがとりあげたが、その主役は朝ドラ「澪つくし」や映画「竹取物語」ですでに国民的女優となっていた沢口のほうだ。阿部はあくまで、かぐや姫に求婚した貴公子みたいな扱いだった。しかも、阿部が事務所の方針でノーコメントを貫いたのに対し、沢口サイドは交際を認め、積極的に取材を受けて、彼女自身に語らせた。たとえば、こんな具合だ。

「メークの人や事務所の人と、いっしょに食事をしたり、2人だけでディズニーランドへ花火を見にドライブしたこともあります」(「女性自身」)

 じつは当時、彼女は「永遠の処女」などともてはやされる一方で、新興宗教・真如苑との関係が取り沙汰されてもいた。それゆえ、取材では入信を否定したうえで、こんな発言もしている。

「最近、石原真理子さんを広尾の本部でシカト(無視)したという記事がありましたがデタラメですよ(笑い)」(「週刊女性」)

 とまあ、熱愛報道を逆手にとり、清純派らしい交際ぶりなどをアピールすることでイメージアップにつなげようとしたふしも見られるのだ。

 これに対し、阿部サイドは無策だった。その結果、彼は本のなかで「何かあるとかんぐって勝手なことを書きたい放題。何もないのに」とか「謂れなき『スキャンダル』事件で、仕事の面でも干されて」しまったとぼやくハメになる。

 実際、その後は別の女優と共演するだけで「三角関係に発展!」「新しい愛、発覚か?」などと書かれるようになり、出演依頼も激減したという。