ありがとうの詩〜3.11に寄せて | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ありがとうの詩〜3.11に寄せて

3.11震災直後の支援に対する感謝を伝えるため、公募により集められた460編の詩作品から選ばれた、当時小学5年生だった男の子の作品を紹介します。

『ありがとう』 菊田 心

文房具ありがとう
えんぴつ、分度き、コンパス大切にします。

花のなえありがとう
お母さんとはちに植えました。
花が咲くのが楽しみです。

うちわありがとう
あつい時うちわであおいでいます。

くつをありがとう
サッカーの時とってもけりやすくて、
いっしょうけんめい走っています。

クッキーありがとう
家でおいしく食べました。

さんこう書ありがとう
勉強これからがんばります。

図書カードありがとう
本をたくさん買いました。

やきそば作ってくれてありがとう
おいしくいっぱい食べました。

教室にせん風機ありがとう
これで勉強はかどります。

応援の言葉ありがとう
心が元気になりました。

最後に
おじいちゃん見つけてくれてありがとう
さよならすることができました。

 『ありがとうの詩』(河北新報出版センター刊・2012年)より。

次のページこの作品に出会った最初は、涙を禁じえなかった

KEYWORDS:

オススメ記事

和合 亮一

わごう りょういち

1968年福島市生まれ。詩人。高校教師。中原中也賞、晩翠賞他受賞多数。震災時、twitter上で世界に投げかけた「詩の礫」が大きな話題に。昨夏にフランスにて詩集賞受賞。『和合亮一詩集 』(現代詩文庫240)、『続・和合亮一詩集』(現代詩文庫241)(各1404円・税込)、詩集『QQQ』(2592円・税込)が発売中。3冊とも思潮社刊。

 


この著者の記事一覧