ラグビーでも必要な“多動力”。強いチームほどポジションの壁は溶けている | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ラグビーでも必要な“多動力”。強いチームほどポジションの壁は溶けている

「ラグビーのオモロイ観方」第4回

今年はW杯日本開催もあるし、何かと気になるラグビー。でも観方がいまひとつわからない!そんなあなたにおくる連載企画。前回W杯南アフリカ戦を観てラグビーにプチハマりしたものの、その後が続かず。もう一度しっかりラグビーを知りたいというライター福田のもとに先生があらわれた――。今回はポジション編。アップデートされるポジションの定義とは?

 ■  エースポジションはどこ?

連載「ラグビーのオモロイ観方」第4回〉〈第3回
 
福田 前回で各ポジションの役割はわかりました。でも、そのなかでも“エースポジション”は、どこになるんですか? 

大西 逆に、どこだと思いますか?

福田 う~ん、前回の話も踏まえるとリーチ・マイケル選手のポジションのフランカーとか? あとはトライをとるウィングとか?
 
大西 たしかに両方とも重要なポジションであることに間違いはありません。でも、結局ラグビーは全員で力を合わせるスポーツ。リーチ選手の豪快な突進はプロップの献身的なサポートに支えられていたり。ウィングの独走トライは、相手ディフェンスを惹きつけたセンターのナイスパスから生まれていたりする。“全員がエース”なんです。
 
福田 なるほど。ひとりがいくらすごくても、周りの協力がなければ絶対勝てないスポーツですもんね。

大西 “One for all, All for one”という有名な言葉があります。福田さんも耳にしたことがあるかもしれません。

福田 どこかで聞いたような、聞いてないような…笑。

大西「ひとりは、みんなのために。みんなはひとりのために」。“one”を「人」ではなく「勝利」とする解釈もありますが、いずれにせよラグビー精神をよくあらわしている言葉です。ラグビーは、15人がそれぞれしっかり仕事をこなして、勝利というひとつの目標に進むスポーツ。それがほかの球技にはない魅力なんですよね。 

辛くても横を見れば、仲間がいる

福田 独特ですね! ぼくは野球が好きですが、野球の場合はピッチャーの存在がどうしても大きくて…

次のページポジションごとの壁は溶けつつある

KEYWORDS:

オススメ記事

大西 将太郎

おおにし しょうたろう

ラグビー元日本代表、解説者。

地元東大阪市の布施ラグビースクールでラグビーを始め、啓光学園高3年で全国高校大会準優勝。高校日本代表では主将を務め、スコットランド遠征全勝の快挙を達成。ジャパンラグビートップリーグ(リーグ戦)は通算143試合に出場。2007~08シーズンは「ベスト15」、「得点王」、「ベストキッカー賞」の三冠に輝く。日本代表には同志社大4年時(2000年)に初選出、以降、2008年のサモア戦まで通算33キャップ(試合)に出場。2007年ワールドカップフランス大会のカナダ戦では終了直前に同点ゴールを決め、12-12と引き分けながらも日本代表のワールドカップ連敗記録を13で止めた。 2016年現役引退。現在はJSPORTSやWOWOWのラグビー解説者として、また2019年ラグビーワールドカップの認知活動および、ラグビーの普及活動のため全国をまわっている。


この著者の記事一覧