【義務教育の「義務」とは何への義務か(前編)】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

義務教育の「義務」とは何への義務か(前編)

中学生の7人に1人が不登校

■中学生の7人に1人は学校に行きたくない

 

 わが国の義務教育が揺らいでいます。

 学校に行かない、ないし行きたくない子どもが増えているのです。

 文部科学省の推定によれば、不登校、すなわち年間に30日以上学校を欠席する生徒の数は、全国で約10万人。

 ところが、これは氷山の一角にすぎないらしい。

 日本財団が昨年12月に発表した調査結果によれば、この10万人以外に、「不登校傾向」にある生徒が、全国で約33万人いると推定されるのです。

 33万人といえば、全中学生の10%にあたる数字。

 これに不登校の10万人を加えると、比率は13.3%となります。

 中学生の7人に1人ぐらいは、不登校か、その傾向があるのです!

(参考:https://www.nipponfoundation.or.jp/app/uploads/2019/01/new_inf_201811212_01.pdf

 ならば「不登校傾向」とはいかなるものか?

 財団による定義は以下の通り。

(1)不登校二型・・・1週間以上、連続して学校に行かないことがある生徒。

(2)教室外登校・・・学校には行くものの、校門、保健室、校長室、図書室などにいて教室に行かない状態が、月2~3回以上か、連続1週間以上生じる生徒。

(3)部分登校・・・基本的には教室にいるものの、給食だけが目的とか、遅

刻・早退が多かったり、1日に何度も保健室に行ったりするなどして、あまり

授業に参加しない状態が、1ヶ月に5日以上生じる生徒。

(4)仮面登校A・・・基本的には教室にいるが、他の生徒とは違うことをしていて授業に参加しない状態が、月2~3回以上か、連続1週間以上生じる生徒。

(5)仮面登校B・・・基本的には教室にいるし、とりあえず授業に参加もしているが、学校がつらい、学校がイヤだ、学校に通いたくないと感じている生徒。

次のページ不登校の原因をさぐる

KEYWORDS:

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

佐藤 健志

1966年東京都生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒。1989年、戯曲「ブロークン・ジャパニーズ」で文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞。

主著に『右の売国、左の亡国』『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』『僕たちは戦後史を知らない』『夢見られた近代』『バラバラ殺人の文明論』『震災ゴジラ! 』『本格保守宣言』『チングー・韓国の友人』など。

共著に『国家のツジツマ』『対論「炎上」日本のメカニズム』、訳書に『〈新訳〉フランス革命の省察』、『コモン・センス完全版』がある。

ラジオのコメンテーターはじめ、各種メディアでも活躍。2009年~2011年の「Soundtrax INTERZONE」(インターFM)では、構成・選曲・DJの三役を務めた。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15