「ユダヤ商法に商品はふたつしかない。それは女と口である」この教えを実践したのが、日本マクドナルド創業者の藤田田だ。学生起業家として輸入業を手がけ、ハンドバッグやダイヤモンドなど女性をターゲットとしたアイテムを取り扱った。そののち、日本マクドナルドを創業。ハンバーガーを日本人の口に押し込み、大成功をおさめた。著書『ユダヤの商法』より、その原理原則をひもとく。

■女を狙え

 

「ユダヤ商法に商品はふたつしかない。それは女と口である」

 私は20年近い貿易商生活の中で、ユダヤ人から何度、この言葉を聞かされたか分からない。ユダヤ人にいわせると、これは『ユダヤ商法4000年の公理』なのだそうだ。しかも『公理であるから証明は不要』なのだという。

 証明の代わりにいささか説明をつければ、こういうことだ。

 ユダヤ人の歴史は、旧約聖書以来。〈『ユダヤの商法』初版発売年である〉昭和47(1972)年は、5732年にあたる。ユダヤ人のカレンダーには、昭和47年という代わりに『5732年』と書いてある。そのユダヤ5700年の歴史が教えるところでは、男というものは働いて金を稼いでくるものであり、女は男が稼いできた金を使って生活を成り立たせるものである。商法というものは、他人の金を巻き上げることであるから、古今東西を問わず儲けようと思えば、女を攻撃し、女の持っている金を奪え──というのである。これがユダヤ商法の公理であり「女を狙え」というのはユダヤ商法の金言なのである。

 商才が人並み以上備わっていると思う人は、女を狙って商売すれば、必ず成功する。ウソだと思うのなら、試しにやってごらんになるとよい。絶対に儲かる。

 反対に、商売で男から金を巻き上げようと思うと、女を相手にするより10倍以上もむずかしい。というのは、もともと男は金を持たないからである。はっきり言えば、金を消費する権限を持っていないのだ。

 ことほどさように、女性相手の商売はたやすい。

 妖しくきらめくダイヤモンド。豪華なドレス。指輪、ブローチ、ネックレスなどのアクセサリー。高級ハンドバッグ。

 そうした商品は、そのいずれもがあふれるばかりの利潤をぶらさげて商人を待っているのだ。商売人たるもの、これを避けて通る手はない。襲いかかって、カバン一杯の利潤をむさぼるべきである。

次のページ 口を狙え