“奥様ボーナス”制度なるものも。日本マクドナルドの福利厚生がすごかった! |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

“奥様ボーナス”制度なるものも。日本マクドナルドの福利厚生がすごかった!

奥さんだって社会の50パーセントなんだ

■3月に“奥様ボーナス”を出す

 私は、社員の奥さんの誕生日には、花屋から花束を届けさせることにしている。
 花束といっても、何万円もする高価なものではない。

 それでも、奥さん方からは、とても喜んでもらっている。

「主人が忘れている私の誕生日を社長さんに覚えていただいて、感謝しています」

 そんな内容の礼状を、何通も受け取った。

 日本マクドナルドでは、盆と暮れのボーナスのほかに、3月にもボーナスを出している。これを“決算ボーナス”といっているが、この決算ボーナスは社員にではなく、社員の奥さんに渡すことにしている。独身者は本人に渡すが、妻帯者は奥さんに渡す。

 そのために、社員は決算ボーナスを“奥様ボーナス”と呼んでいる。奥さん名義の口座を会社に登録してもらっておいて、そこにボーナスを振り込む。

 なぜ、社員の奥さんにボーナスを出すかというと、内助の功を金銭的に認めてあげたいと思うからである。

 ボーナスを奥さんの口座に振り込んでから、奥さんには手紙を送る。

『会社が今日、これだけ儲かって繁盛しているのも、奥さんのおかげです。会社で働いているのはあなたのご主人ですが、その何十パーセントかは、奥さんの力によるものだと思っています。だから、このたびお送り致しましたボーナスは奥さんのものです。ご主人に渡す必要はありません』

 そういった意味の内容の手紙を出す。

 この『奥様ボーナス』も、なかなか評判がいい。

「生まれて初めてボーナスをいただきました。ありがとうございます」
「ほしかったメガネを買いました」
「ボーナスで子供の服を買いました」

 そんな礼状がずいぶんくる。
 私は、日本の会社はボーナスの半分は奥さんに出すべきだ、と思っている。

 旦那が会社で十分に能力を発揮して働くことができるのは、家を奥さんが守っているからである。したがって、奥さんもボーナスを取る権利がある。

 欧米諸国では、夫婦は一体で、どこへ出かけるにしても一緒である。夫婦が社会の核になっている。ところが、日本では、主人だけが核になっている。奥さんと子供はつけたしでしかない。これではいけないと思う。

 奥さんだって、社会の核だ、50パーセントなんだ、ということを、もっと意識づけなければならない。

次のページ社員の奥さんに頼むこと

KEYWORDS:

今こそ読むべき、お金儲けの古典!
藤田田の好評既刊

◎経営者・リーダー向け『勝てば官軍』

◎入門編『Den Fujitaの商法①~④』

①頭の悪い奴は損をする

②天下取りの商法

③金持ちラッパの吹き方

④超常識のマネー戦略

〈ベストセラーズからのおしらせ〉

また、アマゾンの中古市場で1万円以上の値をつける、藤田氏の

傑作『ユダヤの商法』も3月に復刊予定!お楽しみに。

オススメ記事

藤田 田

ふじた でん

「日本マクドナルド」創業

1926年大阪生まれ。旧制北野中学、松江高校を経て、1951年東大法学部を卒業。在学中GHQの通訳を務めたことがきっかけで「藤田商店」を設立、学生起業家として輸入業を手がける。1971年、米国マクドナルド社と50:50の出資比率で「日本マクドナルド(株)」を設立。同年7月、銀座三越1階に第1号店をオープン。そこからハンバーガー旋風を巻き起こし日本人の食生活を変えていく。「価格破壊」など革新的な手法を次々と展開した。のちに「日本トイザらス」も設立。2004年没。孫正義氏、柳井正氏ら、日本を代表する企業を率いる経営者たちに影響を与えたとされる。『ユダヤの商法』『勝てば官軍』『Den Fujitaの商法』など数々のベストセラーを残した。長く品切れが続いていたが2019年4月に完全復刊する。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

ユダヤの商法(新装版)
ユダヤの商法(新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13
勝てば官軍(新装版)
勝てば官軍(新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13
毎年生まれる100万人にフォローされる商売を考えよ 金持ちだけが持つ超発想(Den Fujitaの商法2の新装版)
毎年生まれる100万人にフォローされる商売を考えよ 金持ちだけが持つ超発想(Den Fujitaの商法2の新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13