学歴コンプの依頼者に与えたミッション【中田考のレンタルおじさん】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

学歴コンプの依頼者に与えたミッション【中田考のレンタルおじさん】

中田考「レンタルおじさん、始めました」連載第1回


名著『みんなちがって、みんなダメ:身の程を知る劇薬人生論』(KKベストセラーズ)がロングセラーの中田考先生が、「レンタルおじさん」を始めました。いったいどんな方が「知の怪人」中田考先生を「レンタルおじさん」としてご利用され、どんな時間を一緒に過ごすのでしょうか?  初回の依頼者は最近イスラームに改宗した大学生。イスラームの質問に答えた後、二人はバイア(イスラームにおける忠誠誓約)を結び師弟の関係になります。そして弟子に最初に与えたミッションとは?


物分かりの悪い依頼者に呆れる中田先生

 

■依頼者 K君 情報

 10年近く前の中学受験の失敗を未だに引きずっている1浪1留、異常なほどの学歴コンプの持ち主。Twitterを通して中田先生と知り合う。

 

■中田先生の依頼者に対しての印象

私も(依頼者K君が)どんな人かよく知らないんですよ。Sさんという古い知り合いの元自衛隊員の双極性障害のムスリムがいるんですが、ツイッターを観ていると、何故かSさんに弟子入りしていてたんです。でも、言いつけは守らないし、余計なことばかりするので、破門されたらしい。Sさんも障害者年金暮しの相当重度な障害者なんですが、そのSさんにさえ「薬を飲んでない手に負えないナマモノの障害者」と言われるほどの困った人物のK君なんですが、私の弟子だと勝手に名乗ってカリフ制再興に興味があるとかツイッターで言いふらしているので、放っておくと、私まで同類と思われかねない。それで、仕方ないから世話をしよう、やれやれ。とまぁ、そういう感じで私がK君に連絡したのがファーストコンタクトです。そんなK君が今回の「レンタルおじさん、始めました」の連載コーナーに一番初めに、私をレンタル依頼してきました。緊急事態宣言下で行きたいお店がどこも閉店しており、KKベストセラーズの会議室で初めて直接会うことに。

 

■依頼者K君との懇談とミッション

 

K君:先生はイスラームの中でも原理主義的な価値観を持っていますよね。

中田:そもそも原理主義なんて言葉使う時点で何もわかっていないんですけどね。

K君:サラフィージハード主義者と聞いたら普通の日本人は関わりたがらないと思うんですが……。

中田:そうでしょうね。バカとは付き合いたくないので、バカを篩にかけるためのフィルターとしてそれも自称しているんですよ。サラフィージハード主義と聞いて分かったつもりになってダメだと思うような人間とは付き合いたくないんでね。鬱陶しいからです。単純に。

 

■バイアを結ぶ

 

中田:イスラームを勉強するのに、日本語のイスラームについてのツイートとかも本来は読まない方が良いんですね。ロクなのはないから。特にツイッターで議論しているのとか、本当にバカバカしいからね。本当は私の本を全部熟読した上で私のツイートだけを見るのが良いわけだけど。

 君は私の弟子だとTwitterで名乗って、カリフ制再興に興味を持っている、と自称しているので、教えればモノになってカリフ制再興に貢献する可能性が僅かでもあるなら、指導する責任があるので、仕方なく一応教える事にしたんですけどね。

 イスラームには基本的には組織がない。ではどのように人間が繋がっていくのかというと、個人と個人の忠誠誓約というものの連鎖によるんです。これをバイアと言います。私もハッカニー教団と呼ばれるスーフィーの集団があって、その導師シャイフ・ナーズィムと忠誠誓約、バイアを交わしてしていたんだけど、そうするとシャイフ・ナーズィムとバイアを交わした彼の他の弟子たちとの間に横のネットワークができていく。

 ではバイア、というのは具体的にどうやるかというと、二人で互いに手を重ねて、クルアーンの節の「あなたに忠誠誓約(バイア)を交わす者たちは、アッラーに対して忠誠契約を交わしたに他ならない。アッラーの御手はあなた方の上にある。それを破ったものは自分自身に対してそれを破った事になるだけである。もしアッラーに対して誓ったことを守れば、やがてアッラーが大きな報償を与えてくださる」(48章10節)これを互いの手を重ねて唱えるんですね。これからそれを行います。だから私に忠誠を誓うんではないのです。どちらも相手に対して自分の責任を果たすことを神に対して誓うのです。今回の場合は、私が教える立場なので生徒であるあなたに指示を出すのだけれど、それによって私は自分が習ったイスラームの教えを人に伝える、というアッラーに対する責任を果たしているのです。

 ただそれは私とアッラーとの関係の話なので、私が言うことが正しくて私に従うことがアッラーに従うことだとあなたが思えば従えばいいし、間違っていると思うなら従わなくても構わない。それはあなたとアッラーの問題であって私には関係がありません。もっとも、私の指示に従わなければ、その時点で私との師弟の関係は切れるんですけどね。まぁ私の方が多くの責任を担うことになり、時間的にも精神的にも金銭的にも負担が大きいので、出来の悪い弟子との師弟関係など一刻も早く切れてほしい、というのが本音ですがね。指導者として、弟子の能力を見極めて出来ないことはいっさい指示しないつもりですけど、それでも私が言うことが無理難題で、自分にはできないと思い、嫌なら従わなくったっていいんです。それがイスラーム世界において師弟になるっていうことの意味なんですね。

 

次のページ師弟関係を結んだK君へのミッション

KEYWORDS:

オススメ記事

中田 考

なかた こう

イスラム法学者

(プロフィール)
中田考 なかた・こう
イスラーム法学者。一九六〇年生まれ。同志社大学客員教授。一神教学際研究センター客員フェロー。八三年イスラーム入信。ムスリム名ハサン。灘中学校、灘高等学校卒。早稲田大学政治経済学部中退。東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。カイロ大学大学院哲学科博士課程修了(哲学博士)。クルアーン釈義免状取得、ハナフィー派法学修学免状取得、在サウジアラビア日本国大使館専門調査員、山口大学教育学部助教授、同志社大学神学部教授、日本ムスリム協会理事などを歴任。現在、都内要町のイベントバー「エデン」にて若者の人生相談や最新中東事情、さらには萌え系オタク文学などを講義し、二〇代の学生から迷える中高年層まで絶大なる支持を得ている。近著に『イスラームの論理』、『イスラーム入門』、『帝国の復興と啓蒙の未来』、『13歳からの世界制服』など。小社刊『みんなちがって、みんなダメ 身の程を知る劇薬人生論』(KKベストセラーズ)がロングセラーに。最新刊『ハサン中田考のマンガでわかるイスラーム入門』(サイゾー刊)が話題に。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

みんなちがって、みんなダメ
みんなちがって、みんなダメ
  • 中田 考
  • 2018.07.25