安倍外交に見る「失敗の法則」〈後編〉 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

安倍外交に見る「失敗の法則」〈後編〉

なぜ安倍外交はうまくいかないのか

 
 
 

■繰り返される国益の損壊

 この記事の前編では、戦後日本の平和主義が、「他国との対立が深刻化しないよう、八方美人的な事なかれ主義」に徹する外交方針へと行き着くことを指摘しました。
 くだんの方針は「低姿勢(外交)」と呼ばれます。けれどもこれでは、自国の戦略や権益を積極的に打ち出すことはできません。

 しかも外交とは、衝突や紛争にいたることなく、自国の戦略を実現し、権益を満たすための手段。つまり低姿勢外交など、本来の意味における外交の否定にほかならず、「軟弱な外交もどき」としか評しえないのです。
 ところがわが国は、低姿勢外交を脱するどころか、グローバリズムの流行によって、自分たちの方針がお墨付きを得たかのように錯覚するにいたりました。グローバリズムとは、要するに「国境や国籍にこだわる時代は終わった」と構える理念ですから、自国の戦略や権益を積極的に打ち出す時代も過ぎ去ったことになるのです。

 けれども現在の世界では、グローバリズムが広まったせいで、国家間の対立はむしろ先鋭化する傾向を見せています。そんな中、低姿勢外交を展開したら、わが国の国益は必然的に損なわれる。
 日本外交は「失敗の法則」とも呼ぶべきものに取りつかれているのです。前編ではその例として、北方領土問題をめぐり、安倍総理がプーチン大統領に完敗した経緯を検証しました。

 とはいえ良くないことに限って、繰り返されるのが世の習い。
 後編はこれを追ってゆきましょう。

次のページ国連演説とグローバリズム

KEYWORDS:

オススメ記事

佐藤 健志

1966年東京都生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒。1989年、戯曲「ブロークン・ジャパニーズ」で文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞。

主著に『右の売国、左の亡国』『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』『僕たちは戦後史を知らない』『夢見られた近代』『バラバラ殺人の文明論』『震災ゴジラ! 』『本格保守宣言』『チングー・韓国の友人』など。

共著に『国家のツジツマ』『対論「炎上」日本のメカニズム』、訳書に『〈新訳〉フランス革命の省察』、『コモン・センス完全版』がある。

ラジオのコメンテーターはじめ、各種メディアでも活躍。2009年~2011年の「Soundtrax INTERZONE」(インターFM)では、構成・選曲・DJの三役を務めた。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15