■安倍総理はタンカを切ったが・・・

 

 まずは9月11日〜13日にウラジオストックで開催された「東方経済フォーラム」。
 12日の全体会合で、総理はこんなスピーチをしています。
 https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2018/0912eef.html 

 ロシアと日本は、今、ロシアの人々に向かって、ひいては世界に対して、確かな証拠を示しつつあります。

 ロシアと日本が力を合わせる時、ロシアの人々は健康になるのだというエビデンスです。

 ロシアの都市は快適になります。

 ロシアの中小企業はぐっと効率を良くします。 

 ロシアの地下資源は、日本との協力によってなお一層効率よく世界市場に届きます。

 日本とロシアには、他の二国間に滅多にない可能性があるというのに、その十二分な開花を阻む障害が依然として残存しています。

 それこそは皆さん、繰り返します、両国がいまだに平和条約締結に至っていないという事実にほかなりません。

 プーチン大統領、もう一度ここで、たくさんの聴衆を証人として、私たちの意思を確かめ合おうではありませんか。

 今やらないで、いつやるのか、我々がやらないで、他の誰がやるのか、と問いながら、歩んでいきましょう。(中略)

 力強い拍手を、聴衆の皆さんに求めたいと思います。 

 こう言っては申し訳ありませんが、話者が聴衆に拍手を求めずにいられないスピーチなど、あまり出来がよろしくないに決まっている。
 出来の良いスピーチなら、放っておいても拍手が起こるからです。 

 だとしても、総理は頑張った。

 平和条約の締結について、プーチンにタンカを切ったではありませんか。

 さすが、外交の安倍!

 ・・・と言いたいところですが、ちょっと待て!!

次のページ プーチン、みごとに逆襲す!