【安倍外交に見る「失敗の法則」〈前編〉】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

安倍外交に見る「失敗の法則」〈前編〉

なぜ安倍外交はうまくいかないのか

 
 

■戦後日本型平和主義の問題

「平和」と「平和主義」は、似て非なるもの。

 英語でも、前者が「ピース(peace)」なのにたいして、後者は「パシフィズム(pacifism)」。語源的なつながりはありますが、別物です。

「社会」と「社会主義」がいかに違うかを考えてみれば、事は一目瞭然でしょう。20世紀前半のフランスを代表する劇作家であり、外交官でもあったジャン・ジロドゥなど、こう喝破しました。

「平和主義者とは、戦争を阻止するため、常に戦う用意のある人間のことだ」

 とはいえ、あらゆる平和主義(者)が、ジロドゥほど毅然としているわけではありません。わけても戦後日本における平和主義は、〈戦争を阻止するためなら常に戦う用意がある〉どころか、〈とにかく戦うことだけはしたくない〉という臆病風丸出しの代物。

 戦いをとにかく回避するには、どうしたらいいか? あるいは、何をしなければいけないか?
 ・・・お分かりですね。他国との対立が深刻化しないよう、八方美人的な事なかれ主義に徹する必要があるのです。これこそ、戦後日本が長らく取ってきた外交方針にほかなりません。ちなみにこの方針、「低姿勢(外交)」と呼ばれてきました。

次のページ低姿勢とは外交の否定だ

KEYWORDS:

オススメ記事

佐藤 健志

1966年東京都生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒。1989年、戯曲「ブロークン・ジャパニーズ」で文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞。

主著に『右の売国、左の亡国』『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』『僕たちは戦後史を知らない』『夢見られた近代』『バラバラ殺人の文明論』『震災ゴジラ! 』『本格保守宣言』『チングー・韓国の友人』など。

共著に『国家のツジツマ』『対論「炎上」日本のメカニズム』、訳書に『〈新訳〉フランス革命の省察』、『コモン・センス完全版』がある。

ラジオのコメンテーターはじめ、各種メディアでも活躍。2009年~2011年の「Soundtrax INTERZONE」(インターFM)では、構成・選曲・DJの三役を務めた。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15