「逆境には2種類ある」前田裕二の価値観を揺さぶったインドでの体験 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「逆境には2種類ある」前田裕二の価値観を揺さぶったインドでの体験

SHOWROOM創業者・前田裕二さんインタビュー②

ライブ配信サービス「SHOWROOM」創業者・前田裕二さん。立ち上げのきっかけとなった原体験、そして「SHOWROOM」のこれからについて聞いた。証券マン時代を語っていただいた、第1回に続く、連続インタビュー第2回。

自分の原体験と価値観をフルに投影した「SHOWROOM」

「努力がフェアに報われる社会を作る」ことを企業理念に掲げ、邁進している「SHOWROOM」。同サービスは、誰でも無料でライブ配信や視聴ができる、ライブ配信プラットフォーム。AKB48などの人気アイドルや声優などのパフォーマーが、自身の特技や個性を披露し、視聴者はパフォーマンスの対価として「ギフト」を送ることができる双方向のサービスだ。

 

 唯一無二のサービス誕生には、前田さん自身のさまざまな経験に基づいている。

「僕が『SHOWROOM』のギフトシステムに自信を持っている理由の一つが、路上での弾き語り体験です。小学生のときにギターで弾き語りをして、お客さんに喜んでもらった経験、そしてその対価としてお金をもらっていた経験が、原点になっています」 

 

 前田さん本人も「自分の過去を振り返って『僕は不幸な人間だ』と思っていました」と語るように、8歳で最愛の母を失い、10歳離れた兄と親戚の家に引き取られた。親戚の家庭に馴染むことができず、自らの力でお金を稼ごうと路上でギターを弾き、半年以上、家がない状態も経験。

 そのすべての経験が血肉となり、ビジネスに生きているという。そして「努力がフェアに報われる社会を作る」という同社の企業理念には、ある過去の経験が影響を与えているという。

次のページ乗り越えられる逆境と、乗り越えられない逆境

KEYWORDS:

オススメ記事

前田 裕二

まえだ ゆうじ

SHOWROOM株式会社代表取締役社長

1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入社。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。株式市場において数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。その後、0→1の価値創出を志向して起業を検討。事業立ち上げについて、就職活動時に縁があった株式会社DeNAのファウンダー南場に相談したことをきっかけに、13年5月、DeNAに入社。同年11月に仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年8月に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。現在は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

人生の勝算 (NewsPicks Book)
人生の勝算 (NewsPicks Book)
  • 前田 裕二
  • 2017.06.30