【たった2両の戦車でソ連軍に大損害を与えた、ドイツの「ティーガー・エース」】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

たった2両の戦車でソ連軍に大損害を与えた、ドイツの「ティーガー・エース」

無敵重戦車ティーガーI戦記 第4回

数日間に及ぶ阿鼻叫喚の激戦の末に

 ソ連軍は、タンクデサント(戦車跨乗歩兵)を鈴なりに乗せた多数のT34を先頭に立て、それに徒歩の歩兵が従っていた。すでに頼みの味方歩兵の姿がどこにも見えない中、カリウスとケルシャーは敢然と反撃を開始した。

「正面のT34に徹甲弾をかましてやれ!」

 カリウスが咽頭マイクに叫ぶ。

 鋭い発射音とともに8.8cm砲のマズルフラッシュが閃く。一瞬ののち、餌食となったT34の車上からタンクデサントが吹き飛ばされ、ガクンと停車すると同時に黒煙を噴き上げた。

 隣ではケルシャーのティーガーIが立て続けに2両のT34を撃破。

「通信手、イワンどもを薙ぎ払え!」

 カリウスの乗車の車体銃が火を吐き、逃げまどう歩兵や、戦車から脱出した戦車兵を次々とその火網に捉えた。

 かくて数日間に及ぶ阿鼻叫喚の激戦の末、カリウスとケルシャーはソ連軍に大損害をあたえ、見事に戦線を守り抜いたのだった・・・・

 このように、ここに紹介したカリウスの他にも、武装SSの至宝として著名なミハエル・ヴィットマンを筆頭に、クレメンス・フォン・カゲネックやヘルムート・フーデルといったティーガー・エースが多数活躍している。

 ティーガーI。それは「戦車大国ドイツ」が生んだ、第二次大戦最強の「猛虎」であった。

KEYWORDS:

オススメ記事

白石 光

しらいし ひかる

戦史研究家。1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。


この著者の記事一覧