米軍の次なる目標はフィリピンか台湾<br /> | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

米軍の次なる目標はフィリピンか台湾

レイテ沖海戦と栗田健男中将②

 レイテ沖海戦は「捷号」作戦に基づくものである。マリアナ沖海戦での惨敗後、大本営は陸・海軍合同の決戦構想を練りあげ、空海陸の戦力を極度に集中し敵空母と輸送船を必殺する迎撃作戦を立案した。捷1号はフィリピン、捷2号は台湾・南西諸島、捷3号は日本本土、捷4号は千島列島を対象とした。

 すでにマリアナ諸島はアメリカ軍(連合軍)に占領され、絶対国防圏は崩壊している。次に大艦隊が押し寄せるのはフィリピンか台湾と考えられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメ記事

松田 十刻

まつだ じゅっこく

1955年、岩手県生まれ。立教大学文学部卒業。盛岡タイムス、岩手日日新聞記者、「地方公論」編集人を経て執筆活動に入る。著書に「紫電改よ、永遠なれ」(新人物文庫)、「山口多聞」(光人社)、「撃墜王坂井三郎」(PHP文庫)など。


この著者の記事一覧