【ヒロシ 地方出身者にとって「東京」とは】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ヒロシ 地方出身者にとって「東京」とは

ヒロシさん11月毎日更新 Q23 出身地の熊本と東京、どっちが好きですか?

地元・熊本から上京してもう20年近く経つ。やっぱり好きなのは熊本。でも、これだけ長く住んでいると東京でホッとしてしまう瞬間もあるそう。ヒロシさんの言葉に地方出身者は共感するのではないでしょうか。

東京への憧れは強かった

 う~ん今となっては、熊本の方が好きと言えるかもしれません。でもそう思えたのはここ最近のことで。もともと東京への憧れが強かったんですよ。僕は学生時代からお笑い芸人になりたかったので、東京の人がずっと羨ましかったです。ただでさえ熊本の地元に住む僕と、東京生まれ東京育ちの人、「お笑いを始める」という夢を持った時にハードルが全然違うわけですよ。当時は情報が何もない。今みたいにネットも発達していなかったですからね。だからものすごく東京が羨ましかった。ただ上京前は本当に何も知らなくて、「歌舞伎町は青龍刀を持った中国人がウロウロしている場所」だと本当に信じていたくらいでした。

 

東京でホッとする瞬間がある

 結局26歳の時に東京に出てきて、もう20年くらい経ちます。それで「東京はもう嫌だ」と思うこともあります。一方で歳をとって、熊本の良さにも気づくようになったんです。海も山もあって、食べ物は安くて美味しい。田舎だけど適度な都会もある。

 でもね、ここからがややこしいんですけど、単純に「今は東京が嫌で、熊本が好きだ」とも言えないんです。最近地方出張が多いんですが、泊りのスケジュールなんかも結構あります。で、それを終えて東京に戻ってくると、なぜだかホッとしている自分がいるんです。嫌なはずの東京でなぜホッとするんだろうと。しかも、これが熊本に帰っても実はあんまりホッとしないんですよね。複雑な気持ちですし、自分でも不思議なんですよ。

明日の質問は…〈Q24 熊本時代の印象的な思い出は?〉です。

次のページ東京に戻るとホッとする気持ちもある

KEYWORDS:

撮影協力:東京ベイ有明ワシントンホテル

オススメ記事

ヒロシ

ひろし

ヒロシ・コーポレーション所属(サンミュージック企画業務提携)

お笑い芸人。漫談師、ベーシスト、俳優。


 



本名、齊藤 健一(さいとう けんいち)。 熊本県荒尾市出身(福岡県大牟田市生まれ)。 九州産業大学商学部商学科卒業。身長175センチメートル、体重70キログラム、血液型はO型。 趣味は釣り、キャンプ、キャンプグッズ集め、家庭菜園、バンド活動(ベース担当)。特技は「あるんだったらテレビに出てるよね」(ヒロシ談)。小型船舶操縦免許取得。自身のいらだちを熊本弁でつぶやく「ヒロシです」が人気を博し、一躍お茶の間の人気者に。最近では、カラオケ喫茶「ヒロシの店」をオープンさせるなど活動の幅を広げている。


この著者の記事一覧