【松本人志がつまらなくなった? 安倍政権下で炙り出されたメッキが剥がれた人たち】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

松本人志がつまらなくなった? 安倍政権下で炙り出されたメッキが剥がれた人たち

「吉田照美×適菜収」緊急対談 第3回

新聞には知りたいことが書いてない

適菜 実家で購読しているのが朝日新聞だったんですよ。だから、朝日に対する反発はかなりありましたね。最初に政治を意識したのは小学校4年生の頃かな。当時は中曽根政権で、レーガンとの間に核武装の密約があるんじゃないかという漫画を描いたんです。ガキの漫画だから内容はタカがしれてますが。当時は「中曽根を泣かそうね」という駄洒落が流行っていた。「カプリソーネ、ナカソーネ」というのもあったな。

吉田 僕は本当に奥手だから、おかしいなと思ったのは2011年の原発事故です。朝の報道番組をやっていて、レギュラーコメンテーターがアーサー・ビナードという詩人で、江川紹子さんや上杉隆さんもいた。新聞には知りたいことが書いてなくて、ツイッターのほうがはるかに情報が入ってくるんですよ。あの頃の上杉さんは原発事故に関しても本当のことを語ってたと思う。でも、政府がだらしない。枝野さんも、権力側にいるときはあんな発言しかできない。

次のページ本当のことを言う人がいなくなった日本

KEYWORDS:

オススメ記事

RELATED BOOKS -関連書籍-