カズオ・イシグロ「名翻訳家」の意外な過去。『日の名残り』に出会うまで |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

カズオ・イシグロ「名翻訳家」の意外な過去。『日の名残り』に出会うまで

文学ではなく、コンピューターマニュアルを訳していた 土屋政雄氏インタビュー①

“computer”は『電子計算機』と訳す。IBM語の存在

 面白いのが、当時IBMは外資企業として日本社会に溶け込まねばという思いからか、何でもかんでも日本語に訳す決まりがあったこと。たとえば“computer”は『電子計算機』、“application”は『適用業務』といった具合です。いまならそのまま『コンピューター』、『アプリケーション』で通じますよね? でも当時は、そういうIBM語が無数にあって、翻訳者はそれを覚えて使う必要がありました」

 そうしたマニュアル翻訳特有のジレンマと闘いながら、土屋さんは「正確な翻訳とは何か」ということを考えることになったという。

「"正確”と言いますが、本当に正確さを求めるのであれば原文マニュアルのままでいいわけですよ。しかし読者のために、日本語という英語と全く性格の違う言葉に直さなくてはいけない。私が考えたのは、『これをしたら~こうなる』というプロセス⇒結果が一致すればいいのだ、ということです。どういうことかと言うと、仮に『INPUTというスイッチを押せばこうなる』という英文があったとき、これをたとえば『赤いボタンを押せばこうなる』と訳したりしました。INPUTボタンが赤ければ、色で知ってもらった方が分かりやすい。英文を一度自分の中で咀嚼し、ポイントを理解して、自然な日本語に直す。これはもちろん文芸翻訳をするようになってからも意識していることです」

 確かに『日の名残り』を読んでも、原文による所も大きいと思うが、生硬な、いかにも翻訳調の文章ではない。すっと頭の中に日本語が入り、情景がうかんでくるキレイな文章である。そこには翻訳家のこだわりがあった。
ノーベル賞関連記事:作家・村上龍氏がボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞に寄せた言葉

次のページ偶然のフィンランド旅行。『PLAYBOY』からカズオ・イシグロへ

KEYWORDS:

オススメ記事

土屋 政雄

つちや まさお

翻訳家。主な訳書に『日はまた昇る 新訳版』(アーネスト・ヘミングウェイ)、『ダロウェイ夫人』(ヴァージニア・ウルフ)、『ねじの回転』(ジェイムズ)、『コンゴ・ジャーニー』(レドモンド・オハンロン)、『エデンの東』(ジョン・スタインベック)など。ほか『日の名残り』にはじまり、『わたしを離さないで』、『忘れられた巨人』などカズオ・イシグロ作品を数多く翻訳。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日の名残り (ハヤカワepi文庫)
日の名残り (ハヤカワepi文庫)
  • カズオ イシグロ
  • 2001.05.31