Q国宝は売買できる?

 国宝が私有財産(法人・個人所有など)の場合は、所有者の意思で売買することができる。ただし、売り主は譲渡先や売却価格などを記載した書類を文化庁に届け出なければならない。

「文化財保護法 第46 条」に「売渡しの申出のあった後30 日以内に文化庁長官が当該重要文化財を国において買い取るべき旨の通知をしたときは、申出書に記載された予定対価の額に相当する代金で、売買が成立したものとみなす」とあり、国宝や重要文化財に関しては、国に優先買取権があるため、文化財保護の観点から国が買い取る場合もある。

次のページ 秘仏などの非公開の国宝は、どうやって国宝になった?