かつての自民党の「派閥政治」は日本の家族類型にピタリとはまっていた | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

かつての自民党の「派閥政治」は日本の家族類型にピタリとはまっていた

Q7:官邸主導で人事権を振りかざし、逆バネが働いて森友・加計学園問題など様々な問題が噴出しています。この官邸に権力が集中しているのは直系家族の特徴ですか。

英国のEU離脱など、世界情勢の大きなうねりを読み解いてきた、エマニュエル・トッド理論。じつは日本という国のあり方を考える際にも有効なツールだ。トッドの家族類型では「直系家族」に分類される日本だが、昨今では核家族主義、個人主義の流れもある。どうバランスをとるべきか。新刊『エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層』を上梓した鹿島茂氏に聞く。

自民党こそが直系家族的

 現在の官邸というより、かつての自民党の「派閥政治」こそが直系家族なんですね。そもそもかつての自民党は「党」とは呼称すべきでないと思っています。ドイツ文学者の種村季弘さんが昔「自民党は日本そのものなんだ」と言っていたように、右から左まで全部の要素を持っていた。カネも派閥が自己調達するから、各派閥が小さな直系家族であり、自民党はその集合体だった。

 直系家族の最大の特徴は、父親が権力を握っているのではなく、父親に権威があることになっていて、実際に権力を揮うのは長男の嫁。自民党でいえば、幹事長が権力を握る。そして、各派閥の長も最初から相続で決まっているんじゃなくて、実力がある人間がなっていた。

 
次のページなぜそれが今の状態になってしまったか

KEYWORDS:

オススメ記事

鹿島 茂

かしま しげる

鹿島 茂(かしま•しげる)



1949年生。仏文学者。明治大学教授。専門は19世紀フランス文学。『職業別パリ風俗』で読売文学賞評論・伝記賞を受賞するなど数多くの受賞歴がある。膨大な古書コレクションを有し、東京都港区に書斎スタジオ「NOEMAimagesSTUDIO」を開設。新刊に『神田神保町書肆街考』(筑摩書房)、『太陽王ルイ14世ヴェルサイユの発明者』(KADOKAWA)がある。Twitter アカウント:@_kashimashigeru


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 (ベスト新書)
エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 (ベスト新書)
  • 鹿島 茂
  • 2017.05.09